高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!三角形の辺と角の関係に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!三角形の辺と角の関係に関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 三角比28 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

辺の長さをヒントにして、角の大きさの順番を求める問題をやろう。
おさえておきたいポイントは以下の通りだよ。

POINT
高校数学Ⅰ 三角比28 ポイント

「辺の長さの順番」は「角の大きさの順番」!

高校数学Ⅰ 三角比28 例題(1)

lecturer_avatar

辺の長さが 「c>b>a」 のとき、角度も 「C>B>A」 となるよ。

(1)の答え
高校数学Ⅰ 三角比28 例題(1)の答え

高校数学Ⅰ 三角比28 例題(2)

lecturer_avatar

(1)の角というのは、∠Cのことだね。 「c2「a2+b2 の値の大小を調べてみよう。

lecturer_avatar

2=102=100
2+b2=42+92=97
2の方が大きいから、∠Cは鈍角になるね。

(2)の答え
高校数学Ⅰ 三角比28 例題(2)の答え
春キャンペーン2019
三角形の辺と角の関係
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校数学Ⅰの問題