高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!平方根とのおさらいに関する問題

10

5分で解ける!平方根とのおさらいに関する問題

10
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ 数と式28 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

「~の平方根」 と言われたら、 ±√を つけてしまおう。
大事なのは、 平方根は正の数と負の数で2つあるから、±を忘れない こと。
そして、±√9=±√3 のように、 √を外せるものはきちんと外す ことだよ。

POINT
高校数学Ⅰ 数と式28 ポイント

√の外し忘れに注意しよう

高校数学Ⅰ 数と式28 例題(1)

lecturer_avatar

平方根は±√16だね。
ただし、16=42 だから、√を外そう。

(1)の答え
高校数学Ⅰ 数と式28 例題(1)の答え

高校数学Ⅰ 数と式28 例題(2)

lecturer_avatar

±の付け忘れに注意。平方根にはマイナスの数もあるよ。

(2)の答え
高校数学Ⅰ 数と式28 例題(2)の答え

高校数学Ⅰ 数と式28 例題(3)

lecturer_avatar

±の付け忘れに注意。平方根にはマイナスの数もあるよ。

(3)の答え
高校数学Ⅰ 数と式28 例題(3)の答え
難関大合格パーソナルプログラム
平方根とのおさらい
10
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

高校数学Ⅰの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

数と式

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      実数

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校数学Ⅰ