高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!強調のas … asに関する問題

10

5分で解ける!強調のas … asに関する問題

10
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

高校英語文法 比較33・34の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

#「金額」は数?量?

lecturer_avatar

入試レベルの問題にチャレンジしてみよう。

高校英語文法 比較33・34の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

カッコにあてはまる英語を、選択肢から選ぼう。

lecturer_avatar

spentは、動詞spend「(お金)を使う」の過去形、
in an hour「1時間に」だね。

lecturer_avatar

選択肢を見てみよう。
①as many as、②as much as、③as well as、
どれも as…asの形の強調表現 だね。

lecturer_avatar

manyは数、muchは量、
wellは上手い・下手などの程度の度合いを表すんだ。

lecturer_avatar

今回は何を強調したいのか、英文を見てみると、
100 dollars「100ドル」という 金額を強調 したいとわかるね。

lecturer_avatar

ここで注意。 金額は全体として「量」で考える んだ。
例えば、モノの値段をたずねるときは、How much~?とたずねるよね。

lecturer_avatar

だから 量の多さを強調する、②as much as「~もの多くの」 が正解。
金額の時にはas much asを使う ということを覚えておこう。

答え
高校英語文法 比較33・34の入試レベルにチャレンジ 答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

強調のas…asの表現 を見てきたよ。
カタマリとして、後ろにくるものの意味を強めるんだったね。

lecturer_avatar

強調したい内容によってasとasではさむ単語が変わる んだ。
文脈をしっかりと理解して言葉を選べるようにしようね。

オンライン個別指導塾
強調のas … as
10
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

比較

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校英語文法