高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!未来についての仮定(should/were to)に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!未来についての仮定(should/were to)に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

仮定法12の練習(1)(2) アイコンあり

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、 「未来についての仮定(should/were to)」をしっかりと押さえること です。

lecturer_avatar

ありえるけれど「可能性が低い」未来 は、 If+主語+should+動詞の原形~, を使って表そう。 「万が一~ならば」 と訳そう。
ほとんどありえない未来 は、 If+主語+were to+動詞の原形~, を使って表すよ。 「~するならば」 と訳そう。

未来についての仮定法を訳してみよう!

仮定法11・12のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

では問題を見ていこう。

仮定法12の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

ifからはじまる部分が英文の後半に置かれているけれど、文の前半・後半、どちらにあっても同じだよ。

lecturer_avatar

まずは、英文の後半から見ていこう。
should comeに注目。 If+主語+should+動詞の原形~, の形になっているよ。
ここから、 ありえるけれど「可能性が低い」未来 について書かれていることがわかるね。
「万が一~するならば」 という意味だから、「万が一彼が来るならば」となるね。
この部分で、未来の条件を仮定しているんだ。

lecturer_avatar

英文の前半を見てみよう。疑問文の形になっているね。
if以下で未来について仮定している条件を受けて、wouldが使われているよ。
「あなたは何を彼に言いますか」と訳せるね。

lecturer_avatar

つなげると、「万が一彼が来たら、あなたは彼に何を言いますか?」となるよ。
「彼が来る」ということは、ありえるけれど、可能性が低いことなんだね。

(1)の答え
仮定法12の練習(1) 答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

次に(2)を見てみよう。

仮定法12の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

まずは英文の前半、were to dieに注目。 If+主語+were to+動詞の原形~, が使われているね。
ほとんどありえない未来 を表していることがわかるよ。
「~するならば」と訳すから、「もし私が死んだら」という意味になるね。

lecturer_avatar

次に英文の後半を見てみよう。
what will become of~で「~はどのようになるのか」という意味だよ。熟語表現として押さえてしまっても良いね。
文全体では、「もし私が明日死んだら、家族はどうなるのだろう?」となるね。

(2)の答え
仮定法12の練習(2) 答え入り アイコンなし
未来についての仮定(should/were to)
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。