高校英語文法
高校英語文法
5分でわかる!未来についての仮定(should/were to)

10
Movie size

5分でわかる!未来についての仮定(should/were to)

10

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

未来についての仮定(should/were to)

仮定法11・12のポイント アイコンあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

未来についての仮定を表すには?

lecturer_avatar

今回のテーマは 「未来についての仮定(should/were to)」 についてです。

lecturer_avatar

これまで、 現在についてのありえないことを過去形で表す「仮定法過去」 と、
過去についてのありえないことを過去完了形で表す「仮定法過去完了」 を見てきたね。

lecturer_avatar

今回は、 未来についてのありえないことを表す仮定法 について学ぼう。
まずは次の例題を見てみよう。

仮定法11の例題(1)(2) アイコンあり

lecturer_avatar

(1)「 もし万が一 、雪が降るならば」は、 未来 のことを表しているね。
でも「 もし万が一 」ということは、「雪が降る」可能性は低そうだよね。

lecturer_avatar

(2)「仮に太陽が西から昇るとしても」も、 未来 のことだよね。
でも実際には太陽が西から昇ることは、ほとんどありえないよね。

lecturer_avatar

(1)のように「 ありえるけれど、可能性は低いこと 」や、
(2)のように「 ほとんどありえないこと 」は、
未来についての仮定法 で表すことができるんだ。

lecturer_avatar

詳しくは、今回のポイントで確認していこう。

仮定法11・12のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

未来についての仮定法には、2つのパターンがあるよ。

lecturer_avatar

If+主語+should+動詞の原形~,「万が一~するならば」 で、
ありえるけれど「可能性が低い」未来 のことを表すよ。
If+主語+were+to+動詞の原形~,「~するならば」 は、
ほとんどありえない未来 のことを表すんだ。
それぞれ、例文で確認していこう。

lecturer_avatar

まず、①のパターンの例文を見てみよう。
If it should snow, I would[will] stay at home.
万が一 雪が降るならば、家にいるつもりだ」という意味だよ。
「雪が降る」という、「ありえるけれど可能性が低い」ことを、「仮定」しているんだね。こういうときは、未来についての仮定法を使うよ。 If+主語+should+動詞の原形~, のパターンで表すんだ。

lecturer_avatar

ここで注意。 If+主語+should+動詞の原形~, を受ける部分で、willを使っても良いんだ。
他にもplease~「どうぞ~してください」や、wouldがくることもあるよ。
仮定法だけれど、ありえる未来について言っているからだね。

lecturer_avatar

次に、②のパターンの例文を見てみよう。
Even if the sun were to rise in the west, I wouldn't meet him.
「たとえもし太陽が西から昇ったことがあったとしても、私は彼に会わない。」という意味だね。
ifだけでも良いんだけれど、Even if で「たとえもし」だよ。

lecturer_avatar

「太陽が西から昇る」というのは、ほとんどありえない未来のことを仮定しているんだね。こういうときは、 If+主語+were+to+動詞の原形~, のパターンの、未来の仮定法を使うよ。

lecturer_avatar

それじゃあ、問題に戻ってみよう。

仮定法11・12の例題(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(1)「もし万が一、雪が降るならば、家にいるつもりだ。」を見ていこう。
例えば、もし真夏だったとしても、雪が降ることは、 可能性が低いけれど「ありえる」こと だよね。
このように、 ありえるけれど「可能性が低い」未来 を表すときには、 If+主語+should+動詞の原形~, を使おう。
1つ目の下線には、shouldを補うよ。

If+主語+should+動詞の原形~,を受ける部分はwillを使う?wouldを使う?

lecturer_avatar

2つ目の下線には、shouldに合わせてwouldを使っておけば問題ないけれど、
もし「そもそも雪が降ることがほとんどありえない」と考えているのであれば、wouldと willの両方を使えるよ。

lecturer_avatar

ここで、willを使った場合と、wouldを使った場合の、ニュアンスの違いを見てみよう。

lecturer_avatar

wouldを使うと、「雪が降るなんてこと ないと思うけど 、万が一のために言っておくと、家にいるつもりだよ。」というニュアンスだよ。
willを使うと、「可能性は低いけれど、雪が降ることも ありえるよね 。もし雪が降ったら家にいるからね。」というニュアンスになるんだ。

lecturer_avatar

If+主語+should+動詞の原形 、のパターンでは、条件を受ける部分の助動詞の形によって、 「可能性が低いけど」ありえる/ありえない」両方のニュアンスを表現できる んだ。

lecturer_avatar

(1)は、文全体では、If it should snow, I would[will] stay at home.となるね。

(1)の答え
仮定法11・12の例題(1) 答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

次に(2)を見てみよう。

仮定法11・12の例題(2) アイコンなし

lecturer_avatar

(2)「仮に太陽が西から昇るとしても、私は彼に会うつもりはない。」を考えよう。
「太陽が西から昇る」のは、 ありえない未来 だよね。

lecturer_avatar

ありえない未来を仮定するときは、 If+主語+were to+動詞の原形~, のパターンを使おう。
1つ目の下線には、were toを補うよ。

lecturer_avatar

カンマより後ろの部分は、仮定法。
助動詞の過去形を使って表そう。
後半はI wouldn't meet him.
だから、2つ目の下線は、wouldn'tを入れよう。

lecturer_avatar

このように、shouldの場合は、ありえるけど可能性が低い、
were toの場合は可能性ほぼゼロ

というニュアンスの違いを押さえておこう。

lecturer_avatar

文全体では、Even if the sun were to rise in the west, I wouldn't meet him.となるよ。

(2)の答え
仮定法11・12の例題(2) 答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

続いて(3)を見てみよう。

仮定法11・12の例題(3) アイコンなし

lecturer_avatar

(3)「もし万が一、明日彼が来るならば、この手紙を渡してください。」を見ていこう。
万が一 」とあるので、「明日来る」というのは、 可能性が低いがありえる未来 なんだね。
この場合は、 If+主語+should+動詞の原形~, で表そう。
下線にはshouldを補うよ。

lecturer_avatar

(3)では、カンマの後ろ、 please give this letter.に着目しよう。
shouldを使う未来の表現では、条件を受ける部分に、
主語+will~ や、 please+原形 などを使うこともあるよ。

lecturer_avatar

If+主語+should+動詞の原形 ,の表現では、条件を受ける部分の表現に様々なバリエーションがあるんだね。

(3)の答え
仮定法11・12の例題(3) 答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

未来についての仮定 の表現は、2パターンあるよ。
If+主語+should+動詞の原形~,「万が一~するならば」 は、
ありえるけれど「可能性が低い」未来 のことを表すよ。
If+主語+were+to+動詞の原形~,「~するならば」 は、
ほとんどありえない未来 のことを表すよ。

Kimura
この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

未来についての仮定(should/were to)
10
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。