高校生物

高校生物
5分で解ける!神経伝達物質に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!神経伝達物質に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 動物生理16 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

興奮を抑制させる神経伝達物質:GABA

高校 生物 動物生理16 練習 練習(1)
lecturer_avatar

神経伝達物質には、大きく2つの種類がありました。
隣の神経細胞を興奮させるものと、興奮を抑制させるものです。

lecturer_avatar

抑制性シナプスとは、隣の神経細胞の興奮を抑制するように働く神経細胞どうしのつながりのことです。
抑制性シナプスでは、ある神経伝達物質が分泌されることで、隣の神経細胞の興奮が抑制されます。
つまり、膜電位が一時的に静止電位以下になるということです。

lecturer_avatar

神経細胞の興奮を抑制させる神経伝達物質は、GABAです。

自律神経の神経伝達物質は2種類

高校 生物 動物生理16 練習 練習(2)
lecturer_avatar

まずは、図に注目してください。

高校 生物 動物生理16 練習 練習(2)・図
lecturer_avatar

脳と筋肉をつなぐ神経は、自律神経だけではありません。
脳から伸びている神経細胞とシナプスを形成して、途中から自律神経がつながっているのです。

lecturer_avatar

脳から伸びる神経と自律神経の境に位置するシナプスは、特に神経節と呼ばれます。
興奮が、脳から効果器へと伝えられるとき、神経節より前の部分を節前神経といいます。
また、神経節より後の自律神経にあたる部分を節後神経といいます。

lecturer_avatar

副交感神経では、節前神経からも節後神経からも、アセチルコリンが分泌されます。
一方、交感神経では、節前神経からアセチルコリンが、節後神経からノルアドレナリンが分泌されます。

lecturer_avatar

よって、Aはアセチルコリン、Bはノルアドレナリン、Cはアセチルコリン、Dはアセチルコリンです。
交感神経は、節前神経と節後神経で分泌される情報伝達物質が異なることに注意しましょう

高校 生物 動物生理16 練習 すべてうめる
神経伝達物質
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物生理

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          神経系と効果器

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物