高校生物

高校生物
5分でわかる!神経伝達物質

8

5分でわかる!神経伝達物質

8
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

神経伝達物質

高校 生物 動物生理16 ポイント2 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

神経伝達物質の種類とその効果について見ていきましょう。

lecturer_avatar

神経伝達物質には2つの種類があります。
隣の神経細胞を興奮させるものと、興奮を抑制させるものです。

lecturer_avatar

神経細胞を興奮させる神経伝達物質としては、ノルアドレナリンがあります。
一方、神経細胞の興奮を抑制させる神経伝達物質としては、GABAがあります。

神経伝達物質の違いは膜電位の変化の違いに現れる

lecturer_avatar

それぞれの神経伝達物質の作用を受けた神経細胞では、どのような変化が起こるのでしょうか?
図で確認していきましょう。

高校 生物 動物生理16 ポイント2 図・グラフを消す・興奮性シナプスと抑制性シナプスの文字消す
lecturer_avatar

図では、3つの神経細胞が描かれていますね。
それぞれの神経細胞の間には隙間が空いており、シナプスが形成されています。
また、左の神経細胞からはノルアドレナリンが、右の神経細胞からはGABAが分泌されて、中央の神経細胞に作用しています。

lecturer_avatar

神経伝達物質によって刺激を受けた神経細胞では、膜電位の変化が起こります。
まずは、ノルアドレナリンの作用に注目しましょう。

高校 生物 動物生理16 ポイント2 図・抑制性シナプス後電位のグラフを消す・抑制性シナプスの文字消す
lecturer_avatar

膜電位は、静止電位の状態から活動電位が生じて上昇していますね。
そして、しばらくすると静止電位に戻っています。
これは神経伝達物質の刺激によりNaが樹状突起に流入したために起こる現象です。

lecturer_avatar

膜電位の上昇は、神経細胞が興奮したことを表します
このように、次の神経細胞を興奮させる神経伝達物質を分泌するシナプスを、興奮性シナプスといいます。
また、このときに見られる電位を興奮性シナプス後電位といいます。

lecturer_avatar

次に、GABAの作用に注目しましょう。

高校 生物 動物生理16 ポイント2 図・すべてうめる
lecturer_avatar

膜電位は、静止電位の値からさらに減少していますね。
そして、しばらくすると静止電位に戻っています。

lecturer_avatar

膜電位が静止電位より小さい期間を不応期といいます。
不応期には、いくら神経細胞を刺激しても興奮が起きませんでしたね。
神経細胞にGABAが作用すると、ノルアドレナリンが作用したときとは全く別の膜電位の変化が見られるのです。

lecturer_avatar

膜電位の低下は、神経細胞の興奮が抑制されたことを表します
このように、次の神経細胞の興奮を抑制させる神経伝達物質を分泌するシナプスを、抑制性シナプスといいます。
また、このときに見られる電位を抑制性シナプス後電位といいます。

lecturer_avatar

体内では、興奮性シナプスと抑制性シナプスがさまざまに組み合わされています。
そのため、神経細胞の興奮や、興奮の抑制が、うまくコントロールされているのです。
神経伝達物質の種類と効果についておさえましょう。

高校 生物 動物生理16 ポイント2 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンラインLIVE夏期講習
神経伝達物質
8
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習