高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!ラテンアメリカの従属化に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!ラテンアメリカの従属化に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

世界分割と列強の対立6 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はメキシコ内乱とメキシコ革命について学習しました。
内容を確認していきましょう。

メキシコの内乱とフランスの干渉

lecturer_avatar

ラテンアメリカでは19世紀前半に多くの国が独立しましたが、そのほとんどは イギリスの経済的な支配 を受けることになりました。ラテンアメリカは早い段階でヨーロッパの支配に組み込まれたのです。

lecturer_avatar

そんなラテンアメリカの中でも メキシコ は、欧米の支配から脱却すべく改革を行いました。この授業ではメキシコの動きに注目してきましたね。

lecturer_avatar

1858年、メキシコ史上初の 先住民出身の大統領 が誕生しました。 フアレス 大統領です。

lecturer_avatar

フアレスの時代、彼に反対する 保守派 の活動や フランスのナポレオン3世 の干渉もあって、メキシコは内乱状態に陥りました。これを メキシコ内乱 といいます。

lecturer_avatar

メキシコ内乱ではフアレス率いる民衆の抵抗もあり、最終的にフランス軍は撤退することになりました。フアレスは保守派の抵抗も押さえつけ、自由主義的改革を進めていきました。

メキシコ革命の勃発!

lecturer_avatar

フアレスの死後、大統領に就任した ディアス は、地主階級の特権を復活させるなど 独裁政治 を行いました。さらに英仏から借金を行い 経済的な従属を強めました。

lecturer_avatar

ディアスの独裁に不満が高まり、1910年に メキシコ革命 が始まりました。自由主義者の マデロ はディアス政権を打倒して大統領に就任すると、自由主義的改革を進めました。

lecturer_avatar

ただしマデロは地主階級に配慮し 土地の改革には消極的 だったため、 サパタ やビリャが指導する農民蜂起が発生しました。

lecturer_avatar

最終的にマデロは失脚し、メキシコは混乱状態に陥りましたが、1917年に憲法が制定されたことでメキシコ革命は一段落しました。

答え
世界分割と列強の対立6 練習 答え
ラテンアメリカの従属化
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      世界分割と列強の対立

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B