高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!世界分割と列強の対立(第2問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!世界分割と列強の対立(第2問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
世界分割と列強の対立/確認テスト(第2問)

世界分割と列強の対立9 確認テスト(後半)問2

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題(1)

問題2(1)

lecturer_avatar

ベルギー国王のコンゴ領有問題 をきっかけに開催された国際会議といえば?
正解は ベルリン会議 です。

lecturer_avatar

1884~1885年、ドイツ首相 ビスマルク の主催でベルリン会議が開催されました。この会議では、ある地域を最初に領有宣言した国がそこを支配できるという 先占権 が確認されました。つまりは「 早い者勝ち 」というわけです。

(1)の答え
問題2(1)答え入り

問題(2)

問題2(2)

lecturer_avatar

イタリアが植民地化した場所といえば?
正解は ④リビア です。
イタリアは イタリア=トルコ戦争 に乗じてリビアを占領し、戦後にオスマン帝国から獲得しました。

lecturer_avatar

チュニジア と③ モロッコ はフランスに植民地化されました。

lecturer_avatar

②イタリアは エチオピア へ侵入しましたが、横断政策を進めるフランスがエチオピアを支援したこともあって アドワ の戦いで敗北してしまいました。

(2)の答え
問題2(2)答え入り

問題(3)

問題2(3)

lecturer_avatar

アフリカ分割が進行する中、アフリカの 2つの国 だけは第一次世界大戦まで独立を維持していました。その2つの国といえば?正解は ③エチオピアとリベリア です。

lecturer_avatar

この2国、名前だけではなく 地図で位置も確認して 覚えておきましょう。

(3)の答え
問題2(3)答え入り

問題(4)

問題2(4)

lecturer_avatar

オーストラリアの先住民 といえば?
正解は アボリジニー(アボリジニ) です。

lecturer_avatar

ニュージーランド の先住民は マオリ 人ですので、混同しないように注意してください。

(4)の答え
問題2(4)答え入り

問題(5)

問題2(5)

lecturer_avatar

ビスマルク外交によって結ばれたものの、ヴィルヘルム2世によって破棄されてしまった 秘密条約 といえば?
正解は ②再保証条約 です。
ロシアとドイツの間で結ばれた秘密条約で、戦争が起きたらお互い中立を守るという内容でした。

lecturer_avatar

三国協商 はドイツに対抗して イギリス・フランス・ロシア が結んだ協力関係の総称です。

lecturer_avatar

三国同盟ドイツ・オーストリア・イタリア による同盟です。第一次世界大戦まで継続しました。

lecturer_avatar

独墺同盟 は1879年にドイツとオーストリアとの間に結ばれた同盟です。ヴィルヘルム2世は パン=ゲルマン主義 を掲げており、同じゲルマン人国家であるオーストリアとの関係は良好でした。ドイツが破棄するとは考えにくいですね。

(5)の答え
問題2(5)答え入り
lecturer_avatar

ヴィルヘルム2世の登場で、ビスマルクが築き上げた外交関係が大きく変わることになったのです。

世界分割と列強の対立(第2問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      世界分割と列強の対立

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B