高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!生態系の保全に関する問題

4

5分で解ける!生態系の保全に関する問題

4
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 生態系20 練習 すべて空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

ラムサール条約の補語対象は?

高校 生物基礎 生態系20 練習(1)

lecturer_avatar

ラムサール条約の保護対象となっている生物は、 渡り鳥 です。実際の条約の内容は、湿地の生態系を維持することにありますが、そもそもの条約の目的は渡り鳥の保護です。

高校 生物基礎 生態系20 練習(2)

lecturer_avatar

ラムサール条約で保全される湿地例は、 湖沼・サンゴ礁・水田・干潟・マングローブ です。水棲の生態系があるところはすべてラムサ−ル条約の保護対象になっています。

高校 生物基礎 生態系20 練習(3)

lecturer_avatar

ラムサール条約の保護対象である湿地は、世界各国に広く存在しているので、湿地に住む人々の生活と生態系の維持の両立を目指しています。 漁業・農業・観光 など、湿地からの恵みを利用して、そこに生きる人たちも一緒に生活できるような利用を推奨しています。

答え
高校 生物基礎 生態系20 練習 すべてうめる
難関大合格パーソナルプログラム
生態系の保全
4
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

生態系

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      生態系のバランスと保全

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校生物基礎