高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!生産構造図に関する問題

27

5分で解ける!生産構造図に関する問題

27
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 生物の多様性8 練習 すべて空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

イネ科が草原を占める理由は?

高校 生物基礎 生物の多様性8 練習(1)

lecturer_avatar

層別刈取法では、ある植物を高さごとに分割していきます。さらに、同化器官と非同化器官を分けて重量をはかり、各高さの照度も測定して一つの図にします。こうして出来上がった図のことを 生産構造図 といいました。名前の通り、植物が器官をどのような構造で配分し、生産しているかを読み取ることができます。

高校 生物基礎 生物の多様性8 練習(2)

lecturer_avatar

効率よく成長するのは イネ科タイプ です。広葉タイプは大きな葉を支えるために、非同化器官の重量が重くなってしまい、成長に回す有機物が少なくなってしまうのでした。

答え
高校 生物基礎 生物の多様性8 練習 すべてうめる
難関大合格パーソナルプログラム
生産構造図
27
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

生物の多様性

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      植生の成り立ちと遷移

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校生物基礎