高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!生活形に関する問題

14

5分で解ける!生活形に関する問題

14
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 生物の多様性2 練習 すべて空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

優占種によって相観が決まり、植生が分類される!

高校 生物基礎 生物の多様性2 練習(1)

lecturer_avatar

生物はそれぞれの環境に応じて、生活様式を発達させています。生活様式を反映した生物の形態のことを 生活形 といいました。具体例として、針葉樹と広葉樹の葉の違いなどがありましたね。

高校 生物基礎 生物の多様性2 練習(2)

lecturer_avatar

植生の見た目のことを 相観 といいました。専門用語ですからしっかり覚えましょう。

高校 生物基礎 生物の多様性2 練習(3)

lecturer_avatar

植生は、 荒原・草原・森林 の3つに分類されました。植生の相観による分類はこの3種類のみです。

高校 生物基礎 生物の多様性2 練習(4)

lecturer_avatar

植生の中で最も専有面積が大きく、相観を決定づける種のことを 優占種 といいます。

答え
高校 生物基礎 生物の多様性2 練習 すべてうめる
難関大合格パーソナルプログラム
生活形
14
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

生物の多様性

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      植生の成り立ちと遷移

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校生物基礎