高校化学基礎

高校化学基礎
5分で解ける!モル体積と気体に関する問題

8
Movie size

5分で解ける!モル体積と気体に関する問題

8

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 理科 化学基礎 物質の変化9 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

気体の体積に関する計算問題が中心になっていますね。

「アボガドロの法則」は、すべての気体は同温・同圧のとき、同体積中に同数の分子を含んでいる

高校 理科 化学基礎 物質の変化9 練習(1) 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、 「すべての気体は、同温・同圧のとき、同体積中に同数の分子を含んでいる」 という法則のことを、何というか答える問題です。
これは、 「アボガドロの法則」 と言いましたね。

高校 理科 化学基礎 物質の変化9 練習(1) 答えあり

標準状態のとき、多くの気体1molの体積は22.4L

高校 理科 化学基礎 物質の変化9 練習(2)(3) 答えなし

lecturer_avatar

(2)、(3)は、計算問題です。
(2)は、標準状態の酸素2molの体積を求める問題です。
「mol」と「体積」の関係を考えるときに大事なのは、 「モル体積」 という考え方でした。
モル体積とは、気体1molあたりの体積のことです。

lecturer_avatar

標準状態において、気体1molの体積は 22.4 L でしたね。
これを利用すると、次のような比例式を立てることができます。
 1mol:22.4L= 2mol :x L
 x=44.8
よって、答えは、 44.8L となります。

lecturer_avatar

(3)は、標準状態のアルゴン224Lは何molか答える問題です。
ここでも、モル体積の考え方を使いましょう。
気体1molあたりの体積は22.4Lなので、次のような式ができます。
 1mol:22.4L=x mol: 224L
 x=10
よって、答えは、 10mol となります。

高校 理科 化学基礎 物質の変化9 練習(2)(3) 答えあり
モル体積と気体
8
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校化学基礎の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          物質量

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学基礎

              高校化学基礎