高校化学基礎

高校化学基礎
5分で解ける!物質量に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!物質量に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 理科 化学基礎2-5 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

高校 理科 化学基礎2-5 練習 答えなし

「mol」とは、6.02×1023個の原子の集団

lecturer_avatar

まずは、(1)です。
6.02×1023個の粒子の集団 を表す単位を 「mol」 といいます。
鉛筆が12本集まった集団を、「ダース」という単位でカウントするのと同じですね。

「物質量」とは、molで表した物質の量

lecturer_avatar

次に、(2)です。
「mol」という単位で表した物質の量 を何というかわかりますか?
答えは、 「物質量」 です。

「アボガドロ数」とは、6.02×1023という数字

lecturer_avatar

続いて、(3)です。
「6.02×1023」という数字を何と呼ぶか覚えていますか?
答えは、 「アボガドロ数」 でした。

lecturer_avatar

ここまでは、基本的な用語の確認ですね。
確実に答えられるようにしておきましょう。

原子が6.02×1023個集まると、質量〔g〕がその原子の質量数と一致する

lecturer_avatar

最後は、(4)です。
こちらは、molに関する、非常に重要なポイントです。
原子が6.02×1023個集まると、質量〔g〕がその原子の質量数と一致する のでしたね。
1Hの原子量は、 1 です。
1Hが6.02×1023個集まると、質量は 1g となります。

lecturer_avatar

原子が6.02×1023個集まると、質量〔g〕がその原子の質量数と一致する のがポイントでしたね。
よって、答えは、 1g です。

lecturer_avatar

物質量と質量数の関係をおさえておきましょう。

高校 理科 化学基礎2-5 練習 答えあり
物質量
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校化学基礎の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          物質量

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学基礎

              高校化学基礎