高校化学基礎

高校化学基礎
5分で解ける!モル濃度の計算に関する問題

371

5分で解ける!モル濃度の計算に関する問題

371
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 理科 化学基礎 物質の変化11 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

まずは、問題文の内容を読み取っていきます。
この問題では、質量パーセント濃度が 8% 、密度が 1.1g/mL の水酸化ナトリウム水溶液があります。
この水溶液の モル濃度 を求めるのですね。
これまでの問題と同じ形式なので、解くための流れを押さえましょう。

lecturer_avatar

まずは、 水溶液の体積を1000mL とおきます。
モル濃度を求める問題では、ほとんどの場合、ここがスタートになります。

質量パーセント濃度〔%〕=(溶質の質量〔g〕/水溶液の質量〔g〕)×100

lecturer_avatar

次に、密度と質量パーセント濃度を使って、 溶質の質量 を求めましょう。
水溶液の体積×密度 によって、「水溶液の質量」がわかります。
さらに、 質量パーセント濃度 をかけると、「溶質の質量」がわかりますね。
 1000mL×1.1g/mL×8/100=88g
よって、 溶質の質量は88g です。

lecturer_avatar

次に、溶質のmolを考えます。
水酸化ナトリウムは1molあたり40gですね。
モル体積の考え方をつかうと、次のように計算できます。
 88g/40g/mol=2.2mol
よって、 溶質の物質量は2.2mol だとわかります。

モル濃度〔mol/L〕=溶質の物質量〔mol〕/溶液の体積〔L〕

lecturer_avatar

あとは、モル濃度を計算しましょう。
  モル濃度〔mol/L〕=溶質の物質量〔mol〕/溶液の体積〔L〕

lecturer_avatar

溶質の物質量は2.2mol、溶液の体積は1Lでしたね。
 モル濃度〔mol/L〕=2.2mol/1L
よって、答えは、 「2.2mol/L」 となります。

高校 理科 化学基礎 物質の変化11 練習 答えあり
オンライン個別指導塾
モル濃度の計算
371
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

高校化学基礎の問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

物質の変化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      物質量

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校化学基礎

      高校化学基礎