高校数学Ⅱ
高校数学Ⅱ
5分で解ける!極値をもつ3次関数のグラフと最大・最小に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!極値をもつ3次関数のグラフと最大・最小に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅱ 微分法と積分法14 練習

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

3次関数の最大値・最小値を求める問題です。最大値・最小値を求めるには、グラフの概形をサッと書く必要があります。グラフを書く時のポイントは次の通りでした。

POINT
高校数学Ⅱ 微分法と積分法14 ポイント

y'=0が異なる2実数解を持つか調べよう

高校数学Ⅱ 微分法と積分法14 練習

lecturer_avatar

y=-x3+3x2+9xについて、-3≦x≦4の範囲での最大値と最小値をグラフを書いて求めます。

lecturer_avatar

まず、3次関数が極値をもつかどうかを調べる必要がありますね。
y'=-3x2+6x+9
=-3(x2+2x+3)
=-3(x-3)(x+1)
より、y'=0は、x=-1とx=3の異なる2実数解を持ちます。
つまり、3次関数は極値をもつことがわかりました。

x3の係数をみてグラフの概形を判断

lecturer_avatar

次に、 x3の係数が+か-か を見極め、グラフを書きましょう。今回は、 -x3の係数は-1で0より小さい ので、 下がって、上がって、下がるグラフ になりますね。

lecturer_avatar

極大値と極小値はどうなるかわかりますか?  下がって、上がって、下がるグラフ をイメージすると、 x=-1で極小値x=3で極大値 とわかりますね。

lecturer_avatar

また、この問題では、-3≦x≦4の範囲で最大値と最小値を考えます。左端点は x=-3 、右端点は x=4 です。

lecturer_avatar

x=-3,-1,-1,4のときのyの値を求めると次のようになりますね。

高校数学Ⅱ 微分法と積分法14 練習 答え8行目まで
lecturer_avatar

求めた情報をもとにグラフをかいてみましょう。

高校数学Ⅱ 微分法と積分法14 例題 答えの図のみ
lecturer_avatar

あとはこのグラフを見ながら、最大値と最小値を探しましょう。 最大値はx=±3でy=27、最小値はx=-1でy=-5 と求まりますね。

答え
高校数学Ⅱ 微分法と積分法14 練習 答え
極値をもつ3次関数のグラフと最大・最小
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。