高校数学A

高校数学A
5分で解ける!10進法と2進法に関する問題

15

5分で解ける!10進法と2進法に関する問題

15
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 整数の性質36 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

10進法で表した6という数を、2進法で表してみよう。2進法のルールをまずはしっかりと理解しよう。

POINT
高校数学A 整数の性質36 ポイント

「2」が来たら、位を上げる

lecturer_avatar

10進法で1から6までの数を書き、その下に2進法で対応する数を書き並べてみよう。

高校数学A 整数の性質36 例題の答え 10進法と2進法を対応させて書いた図
lecturer_avatar

2進法で使う数は「0,1」の2つだけ。つまり、「2」が来たら位が上がるんだ。2進法では、1の次の「2」は使わないから位をあげて「10」になるね。2進法で11の次の「12」は使わないから位をあげて「100」になるね。こうして書いていくと、10進法の「6」に対応するのは、2進法では「110」だとわかるね。このとき、 2進法 であることを示すために、 「110(2) という表記をするよ。

答え
高校数学A 整数の性質36 例題の答え
オンラインLIVE夏期講習
10進法と2進法
15
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

整数の性質

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      n進法

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校数学A