中学歴史

中学歴史
5分で解ける!フランスの王政とフランス革命に関する問題

44

5分で解ける!フランスの王政とフランス革命に関する問題

44
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史39 練習1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習1は、フランス王政とフランス革命についての問題です。

国王が絶対的な権力を持つ「絶対王政」

lecturer_avatar

17世紀後半のフランスでは、国王が絶対的な権力を持っていました。
このような政治体制をなんというんだったかな?そう、答えは 絶対王政 です。

lecturer_avatar

絶対王政の下で貧富の差が拡大したため、国民の不満が高まりました。
1789年に始まったのが フランス革命 です。

社会が混乱する中、ナポレオンが皇帝に即位!

lecturer_avatar

フランス革命によって王政が打倒されると、ある宣言が発表されます。
自由・平等・人民主権 を定めた 人権宣言 です。

lecturer_avatar

フランス革命で王政が打倒された後、社会は大きく混乱してしまいました。
そのため、強力なリーダーシップを持つ人間が現れ、1804年に皇帝に即位します。
この人物が ナポレオン です。
ナポレオンはヨーロッパ遠征を行いますが、各地で抵抗が激化したことにより敗退してしまうのでした。

答え
中学歴史39 練習1 答え入り
オンラインLIVE夏期講習
フランスの王政とフランス革命
44
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習