高校生物

高校生物
5分で解ける!植物細胞の構造:細胞壁と液胞に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!植物細胞の構造:細胞壁と液胞に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 細胞9 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業

#「細胞壁」と「液胞」の構造と役割をおさえよう

高校 生物 細胞9 練習 (1)問題文
lecturer_avatar

細胞壁は、細胞膜の外側にあり、細胞を保護する役割があります。
細胞壁の主成分は繊維状になっている糖質で、セルロースといいます。

lecturer_avatar

植物の構成成分を分析してみると、その大半は糖質だと学習しました。
この糖質の多くは、セルロースだったわけです。

高校 生物 細胞9 練習 (2)問題文
lecturer_avatar

植物は、木化やコルク化といった現象を起こすことがあります。
この現象は、細胞壁にある物質が蓄積することで起こります。
細胞壁そのものが別の物質に変わるわけではないので注意しましょう。

lecturer_avatar

細胞壁に木化を起こす物質は、リグニンです。
木化が起こると、細胞がより強固になり、幹や茎の強度が増します。

lecturer_avatar

また、細胞壁にコルク化を起こす物質は、スベリンでしたね。
コルク化が起こると、細胞内から水分が蒸発するのを抑えることができます。

高校 生物 細胞9 練習 (3)問題文
lecturer_avatar

この問題には、要注意です。
植物細胞には、確かに、発達した液胞が見られます。
しかし、動物細胞にも液胞がないというわけではありません。
この問題では、発達しているかどうかに関わらず、液胞が見られる細胞がどれかを問われています。
したがって答えは、動物細胞と植物細胞の両方です。

高校 生物 細胞9 練習 全部 空欄埋める
植物細胞の構造:細胞壁と液胞
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      細胞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          細胞の構造

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物