高校生物

高校生物
5分で解ける!生物の構成成分に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!生物の構成成分に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 細胞2 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業

動物と植物の構成成分とその特徴をおさえよう

高校 生物 細胞2 練習 (1)問題文
lecturer_avatar

植物は、動物に比べて糖質の含有率が高いという特徴があります。
その理由は、動物にはなく植物だけに見られる構造に、糖質が使われているからでしたね。
その構造とは、植物細胞の一番外側に位置する細胞壁です。

高校 生物 細胞2 練習 (2)問題文
lecturer_avatar

細胞壁は糖質でできています。
そして糖質の中でも、特にセルロースという物質を多く含んでいます。

高校 生物 細胞2 練習 (3)問題文
lecturer_avatar

物質の温度が変化する際には、エネルギーの出入りが発生します。
水は、動植物の生体内に最も多く含まれている成分です。
水には、生体内で溶媒として働くだけでなく、温度を一定に保つ働きがありましたね。
これは、水の比熱が高いため、周りの温度変化に対して簡単に温度が変わらないからです。

lecturer_avatar

比熱とは、1gあたりの物質の温度を1℃上げるために必要なエネルギー量のことです。
比熱が高ければ高いほど、温度変化にはたくさんの熱エネルギーが必要となります。

高校 生物 細胞2 練習 全部 空欄埋める
春キャンペーン2019
生物の構成成分
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019