高校化学

高校化学
5分でわかる!ケイ素の単体の製法と性質

3
Movie size

5分でわかる!ケイ素の単体の製法と性質

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ケイ素の単体の製法と性質

高校化学 無機物質18 ポイント1 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、「ケイ素の単体の製法と性質」について解説していきます。

lecturer_avatar

みなさんは、水晶玉を見たことはありますか?
占いに使われたり、インテリアに利用されたりするものですね。
この水晶玉は、ケイ素の化合物からできています。

lecturer_avatar

今回は、そんなケイ素について、単体の製法と性質を紹介していきます。

ケイ素の製法は、二酸化ケイ素の還元

lecturer_avatar

まずは、単体のケイ素の製法を見ていきましょう。

lecturer_avatar

ケイ素は、自然界では化合物として存在することが多く、単体のケイ素はなかなか見当たりません。
そのため、 二酸化ケイ素SiO2 を分解する方法が一般的です。

lecturer_avatar

二酸化ケイ素に炭素を加え、電気炉の中で融解させると、単体のケイ素と一酸化炭素が得られます。
このときに、二酸化ケイ素からは酸素が取れ、還元されているわけです。
このように、二酸化ケイ素から単体のケイ素を得る方法を押さえておきましょう。

高校化学 無機物質18 ポイント1 製法のみ

単体のケイ素は半導体

lecturer_avatar

次に、単体のケイ素の性質を見ていきましょう。
注目するのは、電気を通す性質、つまり、電気伝導性です。

lecturer_avatar

電気伝導性といえば、導体不導体という言葉を覚えていますか?
導体といえば電気をよく通す物質であり、銀や銅などの金属が中心でした。
それに対して、不導体といえば電気を通さない物質であり、ゴムなどの非金属がありましたね。

lecturer_avatar

それでは今回のケイ素は、どちらに分類されるのでしょうか?
答えはどちらでもありません。
ケイ素は、金属と非金属の中間の電気伝導性を示す物質なのです。
このような物質のことを半導体といいます。

lecturer_avatar

ケイ素の単体は、このような性質をもつため、コンピュータや太陽電池の部品として利用されています。

高校化学 無機物質18 ポイント1 答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

ケイ素の単体の製法と性質
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。