高校化学

高校化学
5分でわかる!硫酸の種類と性質

0
Movie size

5分でわかる!硫酸の種類と性質

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

硫酸の種類と性質

高校化学 無機物質10 ポイント2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「硫酸の種類と性質」です。

lecturer_avatar

みなさんは、 H2SO4 という化学式を見たことがありますよね。
H2SO4はもちろん、 「硫酸」 です。
しかし、ひとくちに「硫酸」といっても、希硫酸・濃硫酸・熱濃硫酸などがありました。
これらの「硫酸」には、どのような違いがあるのでしょうか。
種類と性質を整理していきましょう。

希硫酸の性質は、濃硫酸を水に溶かして得る、強酸性、金属と反応して水素を発生

lecturer_avatar

最初に紹介するのは、希硫酸です。

lecturer_avatar

1つ目の性質として、濃硫酸を水に溶かすと、多量の熱を発して希硫酸が生じます。
ただし、このときには、必ず濃硫酸を水に入れてるようにしましょう。
もし、水を濃硫酸に入れると、濃硫酸が飛び散って非常に危険です。

lecturer_avatar

2つ目の性質として、希硫酸は強酸性を示します。
こちらは、みなさんもよく知っている性質ですね。

lecturer_avatar

3つ目の性質として、イオン化傾向が水素より大きい金属と反応して、水素を生じます。
こちらも有名な反応ですね。

高校化学 無機物質10 ポイント2 「希硫酸の性質」から6行分 答えあり

濃硫酸の性質は、沸点が高くて不揮発性、中性・酸性気体の乾燥剤、脱水作用

lecturer_avatar

次に紹介するのは、濃硫酸です。

lecturer_avatar

1つ目の性質として、濃硫酸は沸点が高い不揮発性の酸です。
不揮発とは、常温で蒸発しないという意味です。

lecturer_avatar

2つ目の性質として、濃硫酸は吸湿性が強い液体です。
そのため、濃硫酸は中性・酸性気体の乾燥剤としてよく使われています。

lecturer_avatar

また、有機化合物と濃硫酸を反応させると、脱水作用を示します。
濃硫酸は水分子を吸収するため、H:O=2:1の割合で奪うことになります。

lecturer_avatar

ちなみに、「乾燥」と「脱水」はよく似た言葉ですが、少し違いがあります。
「乾燥」とは、空気中などにある水分子そのものを吸収することを指します。
「脱水」とは、アルコールや糖類などの物質から、水素原子・酸素原子を引き抜いて、水ができることを指します。
もとから水があるのが「乾燥」、新たに水ができるのが「脱水」というイメージですね。

高校化学 無機物質10 ポイント2 「濃硫酸の性質」から6行分 答えあり

熱濃硫酸の性質は、強い酸化作用

lecturer_avatar

熱濃硫酸は、強い酸化作用をもちます。
熱濃硫酸は銅や銀を酸化して、二酸化硫黄などを発生させる反応が有名です。

高校化学 無機物質10 ポイント2 「熱濃硫酸の性質」から2行分 答えあり

lecturer_avatar

希硫酸・濃硫酸・熱濃硫酸の性質を整理しておきましょう。

高校化学 無機物質10 ポイント2 答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

硫酸の種類と性質
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。