高校化学

高校化学
5分でわかる!ファントホッフの法則

4
Movie size

5分でわかる!ファントホッフの法則

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ファントホッフの法則

高校化学 物質の状態と平衡27 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「ファントホッフの法則」です。

lecturer_avatar

みなさんは浸透圧について学習してきましたね。
次に、浸透圧を実際に求めるための方法を学びましょう。

ファントホッフの法則では、ΠV=nRT

lecturer_avatar

その際に使うのが、 ファントホッフの法則 です。
  ΠV=nRT
 Π:浸透圧〔Pa〕
 V:体積〔L〕
 n:溶質の物質量〔mol〕
 R:気体定数〔Pa・L/(K・mol)〕
 T:絶対温度〔K〕
この式に値を当てはめれば、浸透圧を求めることができるのです。

高校化学 物質の状態と平衡27 ポイント2 ポイントのみ 答え全部

lecturer_avatar

ところで、みなさんは、これとよく似た式を見たことはありませんか?
気体の状態方程式PV=nRTですね。
ファントホッフの法則は、 溶液について気体の状態方程式を使ってみた というイメージなのです。
きちんと覚えておきましょう。

ファントホッフの法則を変形させると、さらに計算が簡単

lecturer_avatar

ファントホッフの法則は変形させると、計算が楽になる場合があります。
余裕のある人は、次の式もおさえておきましょう。
といっても、暗記する必要はありません。
自分で導くことができればいいのです。

lecturer_avatar

ΠV=nRTの両辺をVで割ると、次のようになります。
  Π=n/V×RT

lecturer_avatar

n/Vは溶液のモル濃度c〔mol/L〕と置き換えることができますね。
  Π=cRT
つまり、モル濃度で浸透圧を求めることができるのです。

lecturer_avatar

さらに、溶質の質量をw〔g〕、分子量をM〔g/mol〕としてみましょう。
n=w/Mなので、次の式も成り立ちます。
  ΠV=w/M×RT

高校化学 物質の状態と平衡27 ポイント2 答え全部

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

ファントホッフの法則
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の状態と平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          溶液の性質

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校化学