高校化学
高校化学
5分でわかる!沸点上昇とは

1
Movie size

5分でわかる!沸点上昇とは

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

沸点上昇とは

高校化学 物質の状態と平衡24 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは、「沸点上昇」です。

lecturer_avatar

聞きなれない言葉なので、イメージから紹介していきます。
パスタ を茹でる場面を思い浮かべてみましょう。
お湯に塩を入れる ことが多いですよね。
あの塩は味付けのためだけに入れているのではありません。
実は、塩を入れることで、お湯が100℃よりも高温になるのです。
これは、 沸点が100℃以上に上昇した ことを意味しています。

lecturer_avatar

どうして塩を入れただけで沸点が変わってしまうのか、その謎を解明していきましょう。

純溶媒と溶液では、蒸気圧曲線がずれる

lecturer_avatar

次のグラフを見てください。

高校化学 物質の状態と平衡24 ポイント2 グラフのみ

lecturer_avatar

グラフの横軸は温度、縦軸は蒸気圧です。
これは、 蒸気圧曲線 を表しているわけですね。

lecturer_avatar

まずは、純溶媒のグラフをみてみましょう。
純溶媒の蒸気圧は、温度が上がるほど高くなっていきます。
t ℃において、蒸気圧は1.013×105Paとなります。
つまり、1.013×105Paのもとでは、t ℃で沸騰が始まるということです。

lecturer_avatar

それに対して、溶液の場合はどうでしょうか?
グラフの形は、純溶媒と似ています。
しかし、 溶液のグラフは、大きく右にずれています ね。
このずれについて、詳しく分析していきましょう。

溶液の蒸気圧は、純溶媒の蒸気圧より低くなる(蒸気圧降下)

lecturer_avatar

今、 t ℃ に注目しましょう。
溶液の蒸気圧は、純溶媒の蒸気圧よりも低くなっている ことがわかりますね。
この現象は、先ほどの 蒸気圧降下 です。

高校化学 物質の状態と平衡24 ポイント2 グラフのみ

溶液の沸点は、純溶媒の沸点よりも高い(沸点上昇)

lecturer_avatar

次に、 1.013×105Pa に注目しましょう。
純溶媒の沸点は、t ℃です。
しかし、溶液の沸点は、t+⊿tb℃です。
つまり、 溶液の沸点は、純溶媒の沸点よりも高い ということになります。

lecturer_avatar

この現象を、 沸点上昇 といいます。
そして、溶液と純溶媒の沸点の差( ⊿tb )を、 沸点上昇度 といいます。

高校化学 物質の状態と平衡24 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

このように、水に何かを混ぜると、沸点が高くなります。
ですから、水に食塩を加えることによって、100℃以上の温度にすることができたわけです。
きちんとグラフのイメージで整理しておきましょう。

Igarashi
この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

沸点上昇とは
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の状態と平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          溶液の性質

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学