高校数学Ⅰ
高校数学Ⅰ
5分で解ける!データの範囲に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!データの範囲に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ データ分析5 練習

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

「データの範囲」と「散らばりの度合い」を求める問題だね。最大値と最小値に注目して「データの範囲」を求め、「散らばりの度合い」を比べてみよう。

POINT
高校数学Ⅰ データ分析5 ポイント

(最大値)-(最小値)=(データの範囲)

高校数学Ⅰ データ分析5 練習

lecturer_avatar

まずは、AとBそれぞれの「データの範囲」から求めていこう。 (最大値)-(最小値)で「データの範囲」を求めることができる んだね。

lecturer_avatar

A組の最大値は9(時間)
A組の最小値は2(時間)
よって、 Aのデータの範囲 は、
9-2= 7(時間)

lecturer_avatar

B組の最大値は15(時間)
B組の最小値は1(時間)
よって、 B組のデータの範囲 は、
15-1= 14(時間)

データの範囲が大きいほど、散らばっている

lecturer_avatar

また「散らばりの度合い」は、データの値がどれだけ散らばっているか、を示すものだよ。データの範囲が大きければ大きいほど、最大値と最小値の差が大きくなり、 データの散らばりの度合いが大きい と表現するんだ。

lecturer_avatar

今回は、A組のデータの範囲が7(時間)で、B組のデータの範囲が14(時間)。B組のデータのほうが範囲が広く、データが散らばって存在していることがわかるね。

答え
高校数学Ⅰ データ分析5 練習 答え
データの範囲
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      データ分析の問題
      高校数学Ⅰの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      データ分析

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          データの散らばりと相関

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校数学Ⅰ