高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!動名詞の意味上の主語に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!動名詞の意味上の主語に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

動名詞14の練習(1)(2)(3) アイコンあり

解説
これでわかる!

練習の解説授業

動名詞の意味上の主語、正しい形はどれ?

動名詞13・14のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、 「動名詞の意味上の主語」をしっかりと押さえること です。

lecturer_avatar

意味上の主語が代名詞のとき、 所有格 動詞+ing の形で表すよ。例えば、his goingのようになるよ。
動名詞が文の主語でないときには、 目的格 動詞+ing の形も使えるよ。him goingのようになるね。

lecturer_avatar

では問題を見ていこう。

動名詞14の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

object to 動詞+ingで「~することに反対する」という意味だよ。
前置詞のto+動名詞のパターンだね。

lecturer_avatar

joining out partyで「私たちのパーティーに参加すること」という意味だね。

lecturer_avatar

選択肢を見てみると、sheとherがあるね。
「トムは 彼女が パーティーに参加することに反対している」という意味の文章になりそうだよ。
この文の主語は<トム>だけど、意味上の主語は<彼女>だね。

lecturer_avatar

動名詞の意味上の主語を表すには、動名詞の前に所有格や目的格を置くよ。
<彼女>の所有格・目的格はどちらもherだね。カッコにはherを入れよう。

(1)の答え
動名詞14の練習(1)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

続いて(2)を見てみよう。

動名詞14の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

speak ill of 人で「人の悪口を言う」という意味だね。
選択肢を見てみると、heとhisがあるから、
「私は、 彼が 他人の悪口を言うのが嫌いだ」という意味になりそうだよ。
この文の主語は<私>だけど、意味上の主語は<彼>だね。

lecturer_avatar

意味上の主語を表すときは、動名詞の前に、所有格や目的格を置くんだったね。
ここでは、所有格であるhisを選ぼう。今回は選択肢にないけれど、目的格のhimを置くこともできるね。

(2)の答え
動名詞14の練習(2)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

続いて(3)を見てみよう。

動名詞14の練習(3) アイコンなし

lecturer_avatar

選択肢には、our teamとour team isがあるね。
「私は、 私たちのチームが その試合に勝つことを確信している」という意味の文を作ろう。
文の主語はI<私>だけど、<私たちのチーム>を表す意味上の主語をカッコに入れよう。

lecturer_avatar

カッコの前に前置詞のofがあることに注目。
前置詞の後ろのカタマリは、動名詞にする んだったね。
もう1つの選択肢、our team is のような主語+動詞の形は、接続詞の後ろでないと入れられないんだ。
意味上の主語+動名詞 の形になっている、our team winningを選ぼう。

lecturer_avatar

ちなみに、out team's winningのように所有格にもできるけれど、意味上の主語が代名詞でないときはそのままの形で置くのが普通だよ。

(3)の答え
動名詞14の練習(3)答え入り アイコンなし
動名詞の意味上の主語
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。