高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!「ケガをする」なのに受動態のパターン(“被害”を表す動詞)に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!「ケガをする」なのに受動態のパターン(“被害”を表す動詞)に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

受動態18の練習

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、 被害を表す動詞を使った受動態のパターンをしっかりとおさえる こと。
例えば injureは「~にけがをさせる」という意味だから、「~がけがをする」と言いたいときには受動態のbe injuredで表す よ。
日本語と英語のニュアンスの違いに注意 しよう。

POINT
受動態17・18のポイント

injureは、受動態で「けがをする」の意味になる!

受動態18の練習

lecturer_avatar

カッコの後のin the accidentは「その事故で」という意味。
選択肢にある injureは「~にけがをさせる」という意味 だよ。

lecturer_avatar

主語が人(He)だから、文全体だと「彼はその事故でけがをした」という意味になるよね。
「けがをする」は、受動態で表す んだったね。
今回は過去の話だから、 ③was injured が正解だよ。

答え
受動態18の練習 答え入り
lecturer_avatar

ちなみに、残りの間違い選択肢を確認すると、
①injuredは過去形だから「~にけがをさせた」、
②was injuringは過去進行形だから「~にけがをさせていた」という意味になるよ。

「ケガをする」なのに受動態のパターン(“被害”を表す動詞)
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。