高校英語文法
高校英語文法
5分でわかる!「be made to 原形」のパターン

11
Movie size

5分でわかる!「be made to 原形」のパターン

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「be made to 原形」のパターン

受動態11・12のポイント

これでわかる!

ポイントの解説授業

「行く」のgoは、そのままでは受け身にできない!

lecturer_avatar

今回のテーマは 「be made to 原形」のパターン についてです。
受動態be+過去分詞の後に、さらにto 原形を続けるパターン について学習するよ。
次の例題を通して考えていこう。例題は、こちら。

受動態11の例題(1)(2)

lecturer_avatar

下線部分に、(1)は「行った」、(2)は「行かされた」をそれぞれ英語で入れる問題だね。
まず(1)は、「行った」なので、過去形で能動態の文だね。
「行く」を表す動詞goの過去形、wentが入るのが正解。
ちなみに、「~へ行く」はgo to 名詞、で表すけれど、
今回は下線の後ろが there「そこへ」という副詞 だから、 toはいらない よ。

(1)の答え
受動態11の例題(1) 答え入り
lecturer_avatar

では、(2)はどうだろう。
「行かされた」だから、 過去形で、さらに受動態の文 だよね。
でも、 「行く」を表すgoは、受け身の形がない動詞 なんだ。
じゃあ、この「行かされた」を英語で表現するにはどうしたらいいのかを、ポイントで確認しよう。

受動態be+過去分詞の後に、さらにto 原形を続けるパターン

受動態11・12のポイント

lecturer_avatar

「~させられる」は「be made to 原形」で表現できるよ。
また、「~するのを見られる」は「be seen to 原形」で表現できるんだ。

このように、受動態be+過去分詞の後に、さらにto 原形をつなげる表現があるんだね。

受動態11の例題(2)

lecturer_avatar

(2)をもう一度見てみよう。
過去の話で受動態だけれど、「行く」のgoが受動態にできないんだったね。
ここで、 「行かされた」は「ムリヤリ行かされた」、というニュアンスが含まれている よね。
だから、 「~させられる」の「be made to 原形」 に当てはめて、
was made to go が正解になるんだ。

(2)の答え
受動態11の例題(2) 答え入り

「~するのを見られる」は「be seen to 原形」で表せる

lecturer_avatar

続けて、(3)と(4)を見てみよう。

受動態11の例題(3)(4)

lecturer_avatar

(3)「彼はその部屋に入った。」は「入った」だから能動態で過去の文だね。
「~に入る」enterを過去形にして、 entered が正解。

lecturer_avatar

一方、(4)「彼はその部屋に入るところを見られた。」は、
「見られた」という受動態を使う文だよね。
だから、 「見られた」の部分を受動態にして、その後に「入るところを」という形を足せばいい んだね。
「~するのを見られる」は「be seen to 原形」 で表すから、
この形に当てはめて、 was seen to enter が正解!

(3)の答え
受動態11の例題(3)答え入り
(4)の答え
受動態11の例題(4)答え入り
Kimura
この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

「be made to 原形」のパターン
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。