高校生物

高校生物
5分で解ける!神経誘導に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!神経誘導に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 動物の発生16 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

神経誘導についておさえよう

高校 生物 動物の発生16 練習 練習(1)
lecturer_avatar

外胚葉の細胞は胚の表面をおおっており、基本的に表皮へ分化します。
外胚葉の細胞は自ら表皮誘導因子を分泌し、自身やまわりの細胞へ作用しているのです。
この表皮誘導因子を、BMPといいます。

高校 生物 動物の発生16 練習 練習(2)
lecturer_avatar

形成体とは、他の組織の分化を誘導する組織です。
外胚葉の細胞は、通常はBMPの作用により表皮になる運命でした。
しかし、BMPを抑制する因子によって神経へと誘導されます。
BMPを抑制する因子を分泌し、外胚葉の細胞を神経へと誘導する形成体は、原口背唇部です。

高校 生物 動物の発生16 練習 練習(3)
lecturer_avatar

原口背唇部から分泌される神経誘導因子は、BMPを抑制します。
そのため、神経誘導因子の作用を受けた外胚葉領域が神経へと誘導されるのです。
このような働きをする神経誘導因子は、ノギンコーディンフォリスタチンです。

lecturer_avatar

神経誘導因子が直接的に外胚葉を神経へ誘導するわけではないので注意しましょう。
外胚葉は本来神経へ分化する性質をもっており、BMPが抑制されることで神経へ誘導されるのです。

高校 生物 動物の発生16 練習 すべてうめる
神経誘導
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      動物の発生の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物の発生

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          形態形成

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物