高校生物

高校生物
5分で解ける!シュペーマンの実験:交換移植実験に関する問題

3

5分で解ける!シュペーマンの実験:交換移植実験に関する問題

3
トライオンライントライオンライン

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 動物の発生18 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

シュペーマンの交換移植実験についておさえよう

高校 生物 動物の発生18 練習 練習(1)
高校 生物 動物の発生18 練習 図
lecturer_avatar

図では、黒イモリと白イモリの胚が2つずつ描かれていますね。
左側の2つが初期原腸胚、右側の2つが初期神経胚です。

lecturer_avatar

2つの初期原腸胚に注目してください。
白イモリ胚の表皮域に移植された黒イモリ胚の神経域の一部は、表皮へ分化しています。

lecturer_avatar

移植片は、移植場所の運命に従いました。
この時期はまだ移植片の運命が決まっていないことが分かりますね。
よって、黒イモリ胚の神経域に移植された白イモリ胚の表皮域の一部は、神経へ分化します。

高校 生物 動物の発生18 練習 図
lecturer_avatar

2つの初期神経胚に注目してください。
それぞれの胚には、神経域に相当する神経板と表皮域に相当する表皮がありますね。
白イモリ胚の表皮域に移植された黒イモリ胚の神経域の一部は、神経へ分化しています。

lecturer_avatar

移植片は移植場所の影響を受けることなく、予定運命のまま分化しました。
この時期はすでに移植片の運命が決まっていることが分かりますね。
よって、黒イモリ胚の神経域に移植された白イモリ胚の表皮域の一部は、表皮へ分化します。

高校 生物 動物の発生18 練習 練習(2)
lecturer_avatar

神経域と表皮域が位置する外胚葉の予定運命は、初期原腸胚期にはまだ決まっていませんでした。
一方、初期神経胚期ではすでに外胚葉の予定運命が決まっていましたね。

lecturer_avatar

よって、外胚葉における予定運命の決定時期は、原腸胚期と神経胚期の間であることが分かります。
答えは、です。

高校 生物 動物の発生18 練習 すべてうめる
トライオンライン
シュペーマンの実験:交換移植実験
3
友達にシェアしよう!
トライオンライン

動物の発生の問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

動物の発生

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      形態形成

      トライオンライントライオンライン

      高校生物