高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!イギリス東インド会社のインド経営に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!イギリス東インド会社のインド経営に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

アジア諸地域の植民地化3 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はイギリス東インド会社のインド経営について学習しました。
内容を確認していきましょう。

東インド会社のインド植民地化の動き!

lecturer_avatar

東インド会社はインドで最も肥沃な土地とも呼ばれる ベンガル などの徴税権を獲得し、インドの植民地化を開始しました。

lecturer_avatar

順調に植民地化を進めていくかに見えましたが、1833年には イギリス東インド会社の商業活動停止 が本国で決定しました。貿易から締め出された東インド会社は、植民地経営に集中することで利益を得ようとしました。

lecturer_avatar

東インド会社は 3つの戦争 を通じてインド各地を制圧していきました。 マイソール 戦争→ マラーター 戦争→ シク 戦争の順番でしたね。

lecturer_avatar

19世紀半ばまでにインドのほぼ全域を制圧した東インド会社は、ザミンダーリー制や ライヤットワーリー制 といった徴税方法で税金を集め、経営の維持をはかりました。

全インドを揺るがす大反乱!!

lecturer_avatar

東インド会社による支配にインドの人たちは不満を強め、大規模な反乱を起こしました。そのさきがけとなったのが、1857年に始まった シパーヒーの反乱 でした。イギリス東インド会社に雇われたインド人傭兵を シパーヒー といいます。

lecturer_avatar

シパーヒーたちは デリー城 を占領するとムガル皇帝を擁立し、全インドに対し「反英運動」を呼びかけました。この呼びかけに農民・地主・商人たちがこたえたことで 全インドを巻き込む大規模反乱へと発展しました。

lecturer_avatar

シパーヒーの反乱は、東インド会社の救援要請を受けた イギリス本国軍 によって鎮圧されてしまいました。その後1858年にはインド大反乱の失政責任を問われて イギリス東インド会社が解散することになりました。

lecturer_avatar

イギリスはインドの直接統治に乗り出すと インド帝国 を成立させ、初代皇帝には ヴィクトリア女王 が就任することになりました。

答え
アジア諸地域の植民地化3 練習 答え
イギリス東インド会社のインド経営
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      アジア諸地域の植民地化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B