高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!アジア諸地域の植民地化(第2問)に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!アジア諸地域の植民地化(第2問)に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
アジアの諸地域の植民地化/確認テスト(第2問)

アジアの諸地域の植民地化8 確認テスト(後半)

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題(1)

問題2(1)

lecturer_avatar

オランダ東インド総督 ファン=デン=ボス は授業で紹介していませんので、少し戸惑ったかもしれません。しかし、この問題で問われている オランダがジャワ島で実施した制度 についてはバッチリ紹介しました。正解は 強制栽培制度 です。

lecturer_avatar

本国の財政危機を克服すべく、オランダはジャワ島の農家にコーヒーなどの指定作物を強制的に栽培させました。それらの作物をヨーロッパへ輸出することで、オランダは利益を得ていたのです。

(1)の答え
問題2(1)答え入り

問題(2)

問題2(2)

lecturer_avatar

イギリスがインドに形成した植民地 インド帝国 の初代皇帝となった 当時のイギリス国王 といえば?
正解は ヴィクトリア女王 です。

lecturer_avatar

ちなみに、当時のイギリスは ディズレーリ保守党内閣 でした。インド帝国の完成は、イギリスが「パクス=ブリタニカ」と呼ばれる繁栄を誇ったヴィクトリア時代の出来事でした。

(2)の答え
問題2(2)答え入り

問題(3)

問題2(3)

lecturer_avatar

ナポレオンのエジプト侵入に対抗して オスマン帝国から総督の地位を授かり、エジプトの近代化に尽力した人物 といえば?正解は ③ムハンマド=アリー です。

lecturer_avatar

レセップス はフランス人の技師で スエズ運河の開通 に携わったことで有名です。

lecturer_avatar

サウード という言葉から皆さんに思い出して欲しいのは、アラビア半島の豪族 サウード家 です。サウード家は ワッハーブ派 と結託して ワッハーブ王国 をアラビア半島に建設しました。

lecturer_avatar

ウラービー はイギリスのエジプト支配に対抗する改革や反乱を指導したエジプト人です。彼が主導した ウラービーの反乱 はイギリス軍に鎮圧され、エジプトはイギリスによって保護国化されてしまいました。

(3)の答え
問題2(3)答え入り

問題(4)

問題2(4)

lecturer_avatar

イランの カージャール朝 との間で ロシア が締結し、 アルメニアを獲得した 条約といえば?
正解は トルコマンチャーイ条約 です。

lecturer_avatar

イランのすぐ南には ペルシャ湾 が広がり、ここから海に進出することができます。地理的に重要な位置にあるため、イランにはロシアやイギリスが干渉してくることになりました。

(4)の答え
問題2(4)答え入り

問題(5)

問題2(5)

lecturer_avatar

ロシアの南下政策を警戒したイギリスが保護国化した インド北西部にある国 といえば?
正解は アフガニスタン です。

lecturer_avatar

アフガニスタンのお隣インドはイギリスにとって アジアにおける最大の植民地 でした。だからこそイギリスはアフガニスタンを重視したのです。

(5)の答え
問題2(5)答え入り
アジア諸地域の植民地化(第2問)
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      アジア諸地域の植民地化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B