高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!オスマン帝国の近代化に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!オスマン帝国の近代化に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

アジア諸地域の植民地化5 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はオスマン帝国の近代化について学習しました。
内容を確認していきましょう。

ついに目覚めたオスマン帝国!

lecturer_avatar

支配下のアラビア半島やエジプトで自立を求める動きが見られたことで、オスマン帝国は焦りました。このままではオスマン帝国は滅亡してしまうかもしれません。こうした焦りからついに 近代化改革 が始まりました。

lecturer_avatar

1839年に即位し改革に着手したのが アブデュル=メジト1世 でした。彼が行った一連の改革のことを タンジマート(恩恵改革) といいます。タンジマートは西欧化を目指す「上からの改革」、つまり皇帝主導で行われた近代化改革でした。

lecturer_avatar

タンジマートの成果が表れたのか、オスマン帝国は1853年に始まった クリミア戦争 でロシアに勝利しました。ただし、戦争に際してイギリス・フランスから多額の借金をしてしまったため、オスマン帝国は財政的にイギリス・フランスに屈服することになりました。

アジア初の憲法が制定されるも…

lecturer_avatar

アブデュル=ハミト2世の時代には宰相 ミドハト=パシャミドハト憲法 を制定しました。ちなみにミドハト憲法は アジア初の憲法 でした。

lecturer_avatar

ミドハト=パシャは、ミドハト憲法を制定することで 立憲君主制 に移行しようとしました。「国にとって重要なことは、皇帝が勝手に決めるのではなくみんなで話し合って決めるべきだ」と考えたのです。ミドハト憲法では 二院制議会 の開設や責任内閣制などが規定されました。

lecturer_avatar

ミドハト憲法が発布された翌年に ロシア=トルコ戦争 が勃発すると、アブデュル=ハミト2世はこれを口実に ミドハト憲法を停止 し、宰相 ミドハト=パシャ を解任しました。

lecturer_avatar

アブデュル=ハミト2世は専制政治を望んでおり、ミドハト憲法によって皇帝の権力が制限されることを快く思っていなかったのです。

答え
アジア諸地域の植民地化5 練習 答え
オスマン帝国の近代化
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      アジア諸地域の植民地化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B