高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!オスマン帝国の衰退に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!オスマン帝国の衰退に関する問題

0
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

アジア諸地域の植民地化4 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はオスマン帝国の衰退について学習しました。
内容を確認していきましょう。

アラビア半島での自立の動き!

lecturer_avatar

オスマン帝国支配下のアラビア半島では ワッハーブ派 と呼ばれるイスラーム復興運動が見られました。預言者ムハンマドの時代の教えに原点回帰することを訴える運動です。

lecturer_avatar

ワッハーブ派はアラビア半島の豪族 サウード家 と結びつき、18世紀半ばに ワッハーブ王国 が成立しました。ただしワッハーブ王国は1818年にムハンマド=アリーの攻撃で滅亡してしまったので、アラビア半島の完全な自立が達成されたわけではありませんでした。

エジプトでの自立の動き!

lecturer_avatar

アラビア半島と同じくオスマン帝国の支配下にあった エジプト でも、自立を求める動きが見られるようになりました。その中心となったのはエジプト総督 ムハンマド=アリー でした。

lecturer_avatar

彼は第1次エジプト=トルコ戦争で シリア を獲得しましたが、第2次エジプト=トルコ戦争ではエジプトの勢力拡大を警戒するヨーロッパ諸国の介入もあり、最終的にシリアを返還することになりました。ただし、その代償として エジプトとスーダンの世襲権を獲得することになりました。

lecturer_avatar

ムハンマド=アリーの死後、エジプトではフランス人技師 レセップス の尽力によって スエズ運河が開通しました。 スエズ運河を通れば地中海からインド洋まで出られるため、インド植民地化を進めていたイギリスはディズレーリ内閣のときにスエズ運河会社の株を買収しました。

lecturer_avatar

エジプトへの介入を強めるイギリスに対し、エジプトの軍人 ウラービー が立ち上がりました。彼は「エジプト人のためのエジプト」というスローガンを掲げて抵抗運動を展開しましたが、最終的にイギリス軍によって鎮圧されてしまいました。

lecturer_avatar

ウラービーの反乱を鎮圧したイギリスは、エジプトを保護国化し、その支配を強めていくことになったのです。

答え
アジア諸地域の植民地化4 練習 答え
春キャンペーン2019
オスマン帝国の衰退
0
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

アジア諸地域の植民地化

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校世界史B