高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!プロイセン絶対王政に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!プロイセン絶対王政に関する問題

0
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 東欧絶対王政2 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はプロイセン絶対王政についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

プロイセンという国家の成立

lecturer_avatar

プロイセン という国家は2つの国が合体して成立しました。 ブランデンブルク選帝侯国ドイツ騎士団領 が合体したのです。

lecturer_avatar

ドイツ騎士団領は16世紀にルター派を受け入れ プロイセン公国 となりました。ブランデンブルク選帝侯国とプロイセン公国が合体し、王国への昇格を許されて プロイセン王国 となりました。

lecturer_avatar

これら2つの国が合体できたのはどうしてでしょうか?そう、どちらも ホーエンツォレルン家 が支配していたのです。

lecturer_avatar

兵隊王 」と呼ばれた フリードリヒ=ヴィルヘルム1世 は、プロイセンの軍隊制度や官僚制度を整え、プロイセンが強国となっていく素地を整えました。

合理的な絶対王政!?

lecturer_avatar

フリードリヒ=ヴィルヘルム1世の長男で「 大王 」とも呼ばれたのが フリードリヒ2世 でした。彼は合理的な政治、啓蒙思想に基づく絶対王政を行ったことから 啓蒙専制君主 と呼ばれています。

lecturer_avatar

彼は戦争によって領土を獲得したり、洗練された サンスーシ宮殿 を建設したりしました。さらにプロイセンの経済基盤でもある グーツヘルシャフト への支援を行いました。

lecturer_avatar

西ヨーロッパへの輸出用穀物の生産を目的とする グーツヘルシャフト の担い手は、領主貴族と呼ばれる ユンカー でした。

答え
高校世界史 東欧絶対王政2 練習 答え入り
春キャンペーン2019
プロイセン絶対王政
0
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校世界史Bの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

東欧絶対王政

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校世界史B

      高校世界史B