高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!絶対王政時代の文化(3)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!絶対王政時代の文化(3)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 東欧絶対王政6 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は絶対王政時代の文化(芸術・文学)についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

宮廷を中心とした華やかな文化活動

lecturer_avatar

まずは芸術文化について確認します。
バロック 美術は 国王の権力を象徴する派手さや豪快さがある様式 です。

lecturer_avatar

バロック美術の画家として有名なのが「 キリストの十字架降下 」を描いた ルーベンス や、「 夜警 」を描いた レンブラント でした。

lecturer_avatar

音楽では「 近代音楽の父 」と呼ばれた バッハ が登場しました。彼はフリードリヒ2世の宮殿で演奏した経験もあります。

lecturer_avatar

フランスの ワトーロココ美術 の代表的な画家です。ロココ美術は、バロックとは違い派手さよりも 繊細さ を重視した様式でした。

文学作品にも時代の特色があらわれる!

lecturer_avatar

文学作品には時代の特色があらわれていました。

lecturer_avatar

古典主義 はフランスのルイ14世の時代に発達しました。王様好みの 宮廷を舞台とした作品 が多いのが特徴です。空欄の説明には喜劇とあるので モリエール を答えてあげましょう。

lecturer_avatar

比較的早くに市民革命を迎え、人びとが自由になったイギリスでは 市民が中心となって文学作品を残しました。 その中でも『 ガリバー旅行記 』を著した スウィフト や、『 ロビンソン=クルーソー 』を著した デフォー が有名です。

答え
高校世界史 東欧絶対王政6 練習 答え入り
絶対王政時代の文化(3)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校世界史Bの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      東欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B

              高校世界史B