高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!絶対王政を批判する思想の登場!

25
Movie size

5分でわかる!絶対王政を批判する思想の登場!

25

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

絶対王政を批判する思想の登場!

高校世界史 東欧絶対王政5 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

東欧絶対王政の5回目。
前回に引き続き「絶対王政時代の文化」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「絶対王政を批判する思想」です。
前回の授業では 経験論合理論 など、絶対王政期に登場した哲学思想を紹介しました。この授業で紹介するのは、哲学思想の中でも 絶対王政を批判する思想 です。いったいどんな思想が誕生したのでしょうか?

コーヒーハウスやカフェが登場!活発な議論が交わされる

lecturer_avatar

絶対王政を批判する政治思想が誕生した背景には、当時のヨーロッパ社会の変化が大きく関係しています。こちらを見てください。

「市民階級の~」見出し+テキスト

lecturer_avatar

17世紀ごろ、ヨーロッパでは コーヒーハウスサロンカフェ などが普及しました。コーヒーハウスとカフェは 飲食店 、サロンは 社交場 です。

lecturer_avatar

ただし、カフェといっても現代のようにただコーヒーを飲んでくつろぐ場所ではありません。当時、こうした施設には 知識人や学者 が集まり 政治や文化など様々な議題について活発に議論をしていた のです。

lecturer_avatar

コーヒーハウスやカフェの普及で、市民は自由に意見交換できるようになりました。このような環境のもとで 絶対王政を批判する思想 が登場したのです。続いては、実際にどんな思想が登場したのかに注目します。

自然法

lecturer_avatar

最初に紹介するのは 自然法 という思想です。オランダの法学者である グロティウス という人物が主張しました。こちらを見てください。

「自然法」見出し+イラスト+テキスト

lecturer_avatar

グロティウスが自然法を提唱するきっかけになったのは、1618年に始まった ドイツ三十年戦争 です。この戦争で多くの犠牲者が出るのを目の当たりにしたグロティウスは、「 国や人種に関係なく、すべての人が守るべきルールがあるのではないか 」と考えたのです。このルールのことを 自然法 といいます。

社会契約説

lecturer_avatar

絶対王政期には社会や国家の在り方についての思想も生まれました。それが 社会契約説 です。こちらを見てください。

「社会契約説」見出し+イラスト2つ+テキスト

lecturer_avatar

イギリスの ホッブズ は著書『 リヴァイアサン 』の中で、法が存在しない状態では「 万人の万人に対する闘い 」が起きると述べました。人びとが野放しにされている状態においては、誰もが本能のままに争いを始めると主張したのです。

lecturer_avatar

ホッブズの考え方は、結果として 絶対王政を擁護する ことになりました。人は放っておけば闘争を始めるので、 絶対王政を敷くことで市民の自由を規制するべき だと、彼の考え方は解釈できるのです。

ホッブズの説明2行/見出し、イラスト不要

lecturer_avatar

イギリスの哲学者 ロック はホッブズの考えに異議を唱えました。政府は人びとの財産や幸福を守るために存在しているので、政府がそれらを脅かす場合 市民には革命を起こして抵抗する権利がある と、ロックは主張したのです。彼の考え方は、著書『 統治二論 』の中で展開されています。

image05の続き/ロックの説明2行/見出し、イラスト不要

lecturer_avatar

最後に、フランスの思想家 ルソー を紹介します。彼は絶対王政を批判し 主権は王ではなく人民にあるべきだ と主張しました。ルソーの著書『 社会契約論 』は、フランス革命に大きな影響を与えました。

image06の続き/ルソーの説明2行/見出し、イラスト不要

啓蒙思想

lecturer_avatar

以上、 自然法社会契約説 の考え方を説明しました。最後にもう一つ、 啓蒙思想 という考え方を紹介します。

lecturer_avatar

啓蒙思想は、理性によって従来の制度や社会の問題点を批判しようという考え方です。 プロイセンやロシア絶対王政 の授業では 啓蒙専制君主 が登場しましたよね。

lecturer_avatar

啓蒙思想を唱えた思想家として、3人の人物をおさえておきましょう。こちらを見てください。

右頁上部/「啓蒙思想」の見出し+テキスト

lecturer_avatar

フランスの啓蒙思想家 ヴォルテール は、王の力は神から授かったとする 王権神授説 を批判しました。「神から授かった」なんて証明のしようがありませんよね。ヴォルテールはあくまで 合理的に考えることを主張したのです。

lecturer_avatar

ヴォルテールのほかにも、『 法の精神 』を著した モンテスキュー や、『 百科全書 』を編集した ディドロダランベール も、啓蒙思想家として知られます。

lecturer_avatar

ちなみにモンテスキューは、国家権力を司法・行政・立法の3つに分けるべきだとする 三権分立 を主張しました。この考え方は 近代国家の建設に大きな影響を与えることになりました。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

絶対王政を批判する思想の登場!
25
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      東欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校世界史B

              高校世界史B