高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!経済学の発展

0
Movie size

5分でわかる!経済学の発展

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

経済学の発展

高校世界史 東欧絶対王政5 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「経済学の発展」です。
絶対王政期には 経済学 が大きく発展しました。今回は、この時期に登場する 3つの経済思想 を紹介します。

重商主義

lecturer_avatar

最初に紹介するのが 重商主義 です。重商主義は、国の財政を富ませるために 国家による経済活動への介入 を説く考え方です。こちらを見てください。

「重商主義」の見出し+テキスト+イラスト

lecturer_avatar

重商主義政策を進めたことで知られる人物が、 ルイ14世の財務総監 であった コルベール です。彼はフランスの経済を発展させるため 輸出産業を育成しようとしました。

lecturer_avatar

そして輸出産業育成のために、工場建設などに国のお金を積極的に投資したのです。まさに重商主義的な政策だといえます。

重農主義

lecturer_avatar

続いて紹介するのは 重農主義 です。これは 重商主義を批判する考え方でした。 こちらを見てください。

「重農主義」の見出し+テキスト+イラスト

lecturer_avatar

重農主義を唱えたのは、フランスの経済学者 ケネー です。彼は『 経済表 』を著し、 農業こそ富の源泉である と主張しました。さらに 政府は経済活動に関与すべきではない とも主張したのです。この考え方を 自由放任主義 といいます。

古典派経済学

lecturer_avatar

ここまで 重商主義重農主義 を説明してきました。最後に紹介するのは、重農主義の考え方を受け継いだ 古典派経済学 です。こちらを見てください。

「古典派経済学」の見出し+テキスト+イラスト

lecturer_avatar

古典派経済学を開いたのは、イギリスの経済学者 アダム=スミス です。彼は著書『 諸国民の富 』の中で、景気はすべて 神の見えざる手 によって調整されるので、 政府は経済に介入するべきではない と主張しました。重農主義を唱えたケネーの 自由放任主義 に近い考え方ですね。

lecturer_avatar

古典派経済学を発展させた経済学者として、アダム=スミスの他にも『 人口論 』を著した マルサス や、古典派経済学を確立したと評される リカード がいます。合わせて覚えておきましょう。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

経済学の発展
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      東欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B

              高校世界史B