高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!フランスのルイ14世の時代に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!フランスのルイ14世の時代に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政4 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回はフランスのルイ14世の時代についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

ルイ14世の時代は典型的な絶対王政!?

lecturer_avatar

ルイ14世の時代は典型的な絶対王政の時代でした。彼は4歳という若さで即位したため、政治は宰相マザランが務めていました。

lecturer_avatar

マザランは国王の対抗勢力を次々と鎮圧し王権を強化していきました。マザランの死後、ルイ14世は新政を宣言し統治を行いました。

lecturer_avatar

彼は優秀な部下に恵まれました。神学者のボシュエ王権神授説を提唱し、その理論を確立しました。また、彼は皇太子の教育係も務めたことで有名です。

lecturer_avatar

財政総監のコルベールは、典型的な重商主義政策を行いました。これを通称コルベール主義といいます。

lecturer_avatar

ルイ14世の時代にはヴェルサイユ宮殿が完成し、政治の中心がヴェルサイユに移りました。ヴェルサイユ宮殿はルイ14世の権力の象徴にもなりました。

ルイ14世の対外戦争!

lecturer_avatar

フランス絶対王政の最盛期を築いたルイ14世にも失敗がありました。それは対外戦争の失敗でした。彼はオランダ戦争ファルツ戦争など様々な戦争を行いました。

lecturer_avatar

ルイ14世にとって最大の誤算だったのがスペイン継承戦争でした。彼は自分の孫フィリップをスペイン国王に即位させるために対抗勢力と争いました。

lecturer_avatar

最終的にユトレヒト条約が結ばれて戦争は終結し、フィリップのスペイン王即位は認められました。しかしフランスとスペインの合併は永久に禁止され、フランスが領土を拡大することはできませんでした。

答え
高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政4 練習 答え入り
Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

フランスのルイ14世の時代
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      主権国家体制と西欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B