高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!イギリスの世界進出

5
Movie size

5分でわかる!イギリスの世界進出

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

イギリスの世界進出!

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政5 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

主権国家体制と西欧絶対王政、第5回。
今回は「第2次英仏百年戦争」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「イギリスの世界進出」です。
絶対王政期のイギリスは重商主義政策に基づき、インドや北米に進出して貿易拠点を建設しました。イギリスが世界のどこに、どんな拠点をつくったのかに注目してください。

インドへの進出

lecturer_avatar

イギリスはまずインドへ進出しました。
進出の中心となったのはエリザベス1世が創設した東インド会社でした。イギリスはインド進出の拠点としてマドラスボンベイカルカッタの3都市を建設しました。

インドへの進出の見出し+地図+テキスト4行

アメリカ大陸北部への進出

lecturer_avatar

さらにイギリスは北アメリカにも進出し、13植民地を形成しました。13の植民地が形成されましたが、全部を覚える必要はありません。まず、最初の北米植民地としてヴァージニアが建設されたことをおさえてください。

アメリカ大陸への進出の見出し+地図+テキスト2行/~最初の北米植民地

lecturer_avatar

1620年には、ピューリタンを中心とするピルグリム=ファーザーズがイギリスから北米へ移住しました。ピューリタンとは、イギリスにおけるカルヴァン派の呼称でしたね。

lecturer_avatar

当時、イギリス国王ジェームズ1世はピューリタンを弾圧する政策をとっていました。そこで彼らは信仰の自由を求めて北米へと移住したのです。

image03の続き3行/ピルグリム~求めて移住

lecturer_avatar

こうして北米に移った人々をピルグリム=ファーザーズと呼びます。彼らが上陸した場所には植民地が形成され、やがてニューイングランド植民地へと発展しました。

lecturer_avatar

また、イギリスはオランダのニューネーデルラント植民地を奪いニューヨークと名前を変えました。

image04の続き2行/ニューイングランド~ニューヨークを獲得

lecturer_avatar

このようにイギリスはインドとアメリカ東海岸に進出しました。しかし、同時期にフランスもこれらの地域に進出を始めていたのです。ポイント2では、フランスの世界進出について詳しく見ていきます。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

イギリスの世界進出
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      主権国家体制と西欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B