高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!主権国家体制と西欧絶対王政をみる視点

7
Movie size

5分でわかる!主権国家体制と西欧絶対王政をみる視点

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

主権国家体制と西欧絶対王政をみる視点

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政 右ページテキスト

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

第20章「主権国家体制と西欧絶対王政」のガイダンス授業です。
この章では、計5回にわたって 主権国家体制と西欧絶対王政 について勉強します。早速ですが次のグラフを見てください。

左ページのグラフ

lecturer_avatar

このグラフは、ヨーロッパにおける教皇・諸侯・国王・市民の力を表しています。縦軸が権力、横軸が時間の経過です。

lecturer_avatar

注目してほしいのは 十字軍の失敗以降の権力の変化 です。 教皇諸侯 の力が低下していますよね。グラフの一番右端を見ると、 国王の力が諸侯や教皇を上回っているのが分かります。

lecturer_avatar

教皇が力を持っていた時期は、国王といえども教皇に逆らうことはできませんでした。諸侯が力を持っていた時期は、国王といえども国内全てを従えることはできませんでした。しかし教皇や諸侯の力が衰えたことで、国王は自分の国のことを自分で決定できるようになったのです。

lecturer_avatar

自国のことを自分で決定できる国のことを 主権国家 といいます。国王の力が伸びてきたことで主権国家が誕生したのです。また、王が強い力を持っていた時代のことを 絶対王政 といいます。

第1回「絶対王政の特徴」

lecturer_avatar

第1回の授業では 主権国家 とは何か、そして 絶対王政 の成立に必要な要素は何かを紹介します。

第2回「スペイン・オランダ」、第3回「イギリス・フランス」

lecturer_avatar

第2回以降の授業では、主権国家の中心である 国王 に注目します。王の名前やその政策をおさえるようにしてください。

lecturer_avatar

第2回ではスペインとオランダ、第3回ではイギリスとフランスに注目します。

第4回「フランスのルイ14世の時代」

lecturer_avatar

第4回の授業では フランスの絶対王政 に注目します。この授業では 絶対王政を象徴する王様 として名高い ルイ14世 が登場します。

lecturer_avatar

彼がどんな政策を行ったのか、どうして絶対王政を象徴すると評されるのか。その理由に注目してください。

第5回「第2次英仏百年戦争」

lecturer_avatar

第5回の授業では、 イギリスとフランスの植民地戦争 について勉強します。その名も 第2次英仏百年戦争 です。英仏が進出した国や地域をおさえてください。

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政 右ページテキスト

lecturer_avatar

このように、全5回を通して 主権国家体制西欧絶対王政 について勉強していきます。一緒に頑張りましょう!

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

主権国家体制と西欧絶対王政をみる視点
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      主権国家体制と西欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B