高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!ルイ14世の時代は典型的な絶対王政!?

18
Movie size

5分でわかる!ルイ14世の時代は典型的な絶対王政!?

18

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ルイ14世の時代は典型的な絶対王政!?

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政4 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

主権国家体制と西欧絶対王政、第4回。
今回は「フランスのルイ14世の時代」について勉強します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「ルイ14世の政策」です。前回の授業では フランスの絶対王政の始まり について勉強しましたね。今回は フランス絶対王政の最盛期の国王 と名高い ルイ14世 に注目します。

宰相マザランが政治をサポート

lecturer_avatar

1643年、父親である ルイ13世 の跡を継いで ルイ14世 が即位しました。即位時のルイ14世はなんと 4歳 という若さでした。

lecturer_avatar

そんな彼の政治を支えたのが、ルイ13世の頃から 宰相 の地位に就いていた マザラン という人物でした。ちなみにこの「マ ラン」という名前、大航海時代に世界一周をした「マ ラン」と間違えやすいので気をつけましょう。

lecturer_avatar

1648年、ルイ14世と宰相マザランの政治に対して反乱が起きました。これを フロンドの乱 と言います。パリの 高等法院 (王の命令を審査する機関)や貴族らが、王権の強化を嫌って反乱を起こしたのです。

lecturer_avatar

結局この反乱は、マザランが上手く対処したことで鎮圧されました。

「ルイ14世」の見出し+イラスト+テキスト4行/~貴族が中心

lecturer_avatar

このように、ルイ14世の治世の前半には 宰相マザランの大きなサポート があったのです。ただし、マザランは1661年に亡くなってしまいました。マザランの死後は、大人になったルイ14世自らが政治を行うようになりました。

lecturer_avatar

ルイ14世は「 朕は国家なり 」という言葉を残したと言われています。 私は国家そのものである 、という意味です。「絶対王政」を象徴するかのような言葉ですね。

image02の続き1行/・「朕は国家なり」

ルイ14世を支えた優秀な部下たち

lecturer_avatar

ルイ14世のもとでは 優秀な部下 が活躍を見せました。神学者 ボシュエ は絶対王政を支える政治理論である 王権神授説 を確立し、加えてルイ14世の息子の教育係を務めました。

lecturer_avatar

財務総監 コルベール は、フランスの財政再建を目指して 重商主義政策 をとりました。国家が直接経済活動に介入することで、経済を活発にしようとしたのです。

lecturer_avatar

コルベールは経営が危うかった フランス東インド会社 を再建したり、 特権マニュファクチュア を設立して国内産業を保護したりしました。質の良い製品を大量に輸出することで、財政を潤そうとしたのです。

image03の続き3行/神学者~マニュファクチュアの設立

lecturer_avatar

17世紀後半には、パリ郊外に ヴェルサイユ宮殿 が建設されました。ルイ14世はここで政治の指揮をとるようになります。

lecturer_avatar

さらにルイ14世は海外領土も拡大しました。部下に北アメリカの ミシシッピ川 流域を探険させ、自分の名を冠した ルイジアナ と呼ばれる植民地を建設したのです。

image04の続き3行+写真/ヴェルサイユ~領有宣言

ナントの王令を廃止!国内産業の衰退につながった

lecturer_avatar

このように、ルイ14世は自分の思うままに国を動かしました。まさに 典型的な絶対王政の時代 だったわけです。

lecturer_avatar

1685年、ルイ14世は ナントの王令を廃止 しました。ナントの王令は、ブルボン朝の初代国王アンリ4世が ユグノーに対し信仰の自由を認めた 法令です。

lecturer_avatar

ルイ14世は自身が熱心な カトリック教徒 だったこともあり、国家の宗教を統一しようとしてナントの王令を廃止したのです。これを受けて、ユグノーは迫害を恐れて国外へ逃亡しました。

lecturer_avatar

ユグノーの多くは商工業に従事していたため、彼らが逃亡したことで フランスの産業は衰退してしまいました。

image05の続き1行/・ナントの~

lecturer_avatar

今回は ルイ14世 の政策を中心に、フランス絶対王政の動きを確認しました。ルイ14世の政治は、 宰相マザラン がサポートしてくれた前半期と、彼自身が政治を行った後半期とに分けて勉強すると覚えやすいですよ。しっかり復習しておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

ルイ14世の時代は典型的な絶対王政!?
18
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      主権国家体制と西欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B