高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!イギリスの絶対王政は他の国とは大違い!

15
Movie size

5分でわかる!イギリスの絶対王政は他の国とは大違い!

15

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

イギリスの絶対王政は他の国とは大違い!

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政3 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

主権国家体制と西欧絶対王政、第3回。
今回は「イギリス・フランスの絶対王政」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「イギリス絶対王政の特徴」です。
今回は イギリス絶対王政 について勉強します。

lecturer_avatar

実は、イギリスの絶対王政には 他国と大きく異なる点 がありました。いったい何が異なっていたのでしょうか?

中央の政治は議会が、地方の政治はジェントリが担う

lecturer_avatar

イギリスの特徴として挙げられるのが 議会 の存在です。議会は国王の命令を受け、法律の制定・税金の徴収など 中央政府としての役割を担っていました。

lecturer_avatar

中央の政治は議会が担っていたものの、議会の命令は地方まで行き届いていたわけではありません。では、地方の政治は誰が担っていたのでしょうか?それが今回紹介する ジェントリ (郷紳)といわれる人たちだったのです。

「イギリス絶対王政の特徴」の見出し+下部テキスト3行/~地方行政の一翼を担う、まで

lecturer_avatar

ジェントリは、身分としては 貴族と平民の中間 に位置します。彼らは国王や議会の目が届きにくい地方の行政を担いました。そのため国王にとって 絶対王政を維持するにはジェントリとの協力関係が欠かせまんでした。

14世紀以降、毛織物工業が発達!

lecturer_avatar

ジェントリが担当した地方行政は お給料が発生しない仕事 でした。ボランティアのような形で政治に携わっていたのです。では、彼らはどうやって生計を立てていたのでしょうか?

lecturer_avatar

イギリスでは、14世紀以降に 毛織物工業 が発達しました。ジェントリの中には土地や工場を持っていた人もいたので、彼らは工場を経営し、毛織物を輸出することで収入を得ていました。

image02の続き1行/毛織物工業の発達

絶対王政の基盤であるはずの「官僚制」や「常備軍」は未発達!

lecturer_avatar

2つ前の授業で、絶対王政を支える基盤として 官僚制常備軍 の話をしました。国王の政治を補佐する 官僚 を雇うシステムである「 官僚制 」。戦争時以外でも常に設置され、国王が自由に動かせる「 常備軍 」。実は、イギリス絶対王政では これらが未発達 のままでした。

image03の続き1行/官僚制と~

lecturer_avatar

このようにイギリスでは、議会の存在によって独自の絶対王政が築かれました。ただし、その維持のためには 議会やジェントリとの連携 が必要だったのです。

lecturer_avatar

国王が好き勝手に振舞うことができたわけではない、ということをおさえておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

イギリスの絶対王政は他の国とは大違い!
15
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      主権国家体制と西欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B