高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!フランスは内乱の後に絶対王政が始まる!

1
Movie size

5分でわかる!フランスは内乱の後に絶対王政が始まる!

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

フランスは内乱のあとに絶対王政が始まる!

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政3 ポイント3 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの3つ目は「フランス絶対王政」です。
ポイント1・2で勉強したイギリスを離れ、今度は舞台をフランスに移します。 フランス絶対王政 がどのように確立されたのか、一緒に見ていきましょう。

ブルボン朝が成立し、絶対王政が始まった

lecturer_avatar

絶対王政が始まる前のフランスは 内乱状態 でした。 宗教改革 のところで勉強した ユグノー戦争 を覚えていますか?フランスにおけるカルヴァン派(=ユグノー)とカトリックとの対立が原因で1562年に始まったユグノー戦争は、 農民や貴族、国王をも巻き込む大内乱 へと発展しました。

lecturer_avatar

この混乱の中で ヴァロワ朝 が断絶し、その後に成立した ブルボン朝 のもとでフランス絶対王政が始まりました。

アンリ4世の時代

lecturer_avatar

ブルボン朝の初代国王を アンリ4世 といいます。彼はもともと ユグノー でしたが、フランスは カトリックが優勢な国 でした。そこでアンリ4世は カトリックへの改宗 を行いました。多数を占めるカトリックに改宗することで、国民の支持を得ようとしたのです。

lecturer_avatar

ただし、彼はユグノーを見捨てたわけではありません。改宗した後に ナントの王令 を発布し、条件付きではあるもののユグノーの信仰を認めたのです。これで、ついに ユグノー戦争が終結 することになりました。

「ブルボン朝」の見出し+下部テキスト3行/~ユグノー戦争終結、まで

lecturer_avatar

ユグノー戦争で国内の貴族は没落し、国王に権力が集中しつつありました。アンリ4世は今こそ絶対王政を確立するチャンスととらえ、 積極的な海外進出 を行いました。

lecturer_avatar

1604年に フランス東インド会社 を設立し、1608年にはカナダにおける植民地として ケベック を建設しました。

image02の続き2行/フランス東~カナダの拠点

ルイ13世の時代

lecturer_avatar

アンリ4世の次に即位したのが ルイ13世 です。彼は 三部会の招集を停止 するなど、絶対王政の強化を行いました。

lecturer_avatar

ちなみにルイ13世が宰相に任命した リシュリュー という人物は 王権の強化 に貢献したことで知られています。

image03の続き4行+リシュリューのイラスト

lecturer_avatar

以上、フランス絶対王政の流れを説明しました。

lecturer_avatar

ユグノー戦争による内乱の後に ブルボン朝 が成立し、ブルボン朝の国王のもとで絶対王政が進展していったのです。国王の名前と、それぞれの事績をしっかり覚えておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

フランスは内乱の後に絶対王政が始まる!
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      主権国家体制と西欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B