高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!スペインは「たまたま」絶対王政を完成できた!?

14
Movie size

5分でわかる!スペインは「たまたま」絶対王政を完成できた!?

14

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

スペインは「たまたま」絶対王政を完成できた!?

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政2 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

主権国家体制と西欧絶対王政、第2回。
今回は「スペイン・オランダの絶対王政」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「スペインの絶対王政」です。
今回の授業から、各国の絶対王政の歴史を勉強します。まずは スペイン です。ポイント1では スペイン絶対王政の始まりと終わり について説明します。

lecturer_avatar

実は、スペインが絶対王政を完成させられたのは「たまたま」でした。偶然の要素が複数重なり、幸運にも絶対王政を築くことができたのです。

国王カルロス1世は、家柄に恵まれていた!

lecturer_avatar

1516年、 ハプスブルク家 出身の カルロス1世 がスペイン国王に即位しました。スペインにとって幸運だったことの一つが、彼の 家柄 でした。こちらを見てください。

カルロス1世の見出し+家計図

lecturer_avatar

図はハプスブルク家の家系図です。これを見ると、カルロス1世の家柄のすごさが分かります。

lecturer_avatar

彼の母フアナは スペイン王家の娘 、彼の父フィリップは ハプスブルク家 の人間です。ハプスブルク家といえば 神聖ローマ皇帝を務める家柄です。

lecturer_avatar

つまり、カルロス1世は スペイン王家の血筋であり、神聖ローマ皇帝の血も引いているのです。 そのため彼は、1516年にスペイン王カルロス1世として即位した後、1519年には 神聖ローマ皇帝 も兼任し、 カール5世 として即位したのです。

lecturer_avatar

このように家柄に恵まれたことが、カルロス1世の権力を高める要因となりました。

家計図の下のテキスト1行/・神聖ローマ帝国を~

lecturer_avatar

そんなカルロス1世の時代、スペインは広大な領土を支配していました。その中でもスペインの財源になっていたのが アメリカ大陸 です。アメリカ大陸で採れる大量の により、スペインは巨額の資金を得ていました。財源を確保できていたことも、スペインにとってはラッキーだったのです。

image03の続き2行/・広大な領土を~アメリカ大陸

フェリペ2世、絶対王政を完成させる!

lecturer_avatar

カルロス1世の次にスペイン国王になったのが フェリペ2世 です。彼はアメリカ大陸から得た銀によって財政を潤し 絶対王政を完成させました。

lecturer_avatar

フェリペ2世の事績として有名なのが カトリック政策 です。彼は英王 メアリ1世 と結婚し、イギリスにカトリックを強制しました。さらに ネーデルラント植民地 へもカトリックを強制したのです。

lecturer_avatar

これらの内容は、第19章の 宗教改革宗教戦争 についての授業でも説明しました。ネーデルラント植民地にカトリックを強制したことで、1568年に オランダ独立戦争 が起こったのでしたね。

「フェリペ2世」の見出し+テキスト2行/イラスト不要

lecturer_avatar

スペインは軍事政策においても絶好調でした。1571年の レパントの海戦 で、ローマ教皇やヴェネツィアと手を組んで オスマン帝国 を破ったのです。

lecturer_avatar

さらにフェリペ2世は 海外に植民地を建設しました。 1571年には、東南アジアの フィリピン において、現在の首都である マニラ を建設しました。実はこの「フィリピン」というのは「フェリペ」という名前に由来しています。

lecturer_avatar

1580年からは ポルトガル併合 も行いました。フェリペ2世の母は ポルトガル王家出身 だったので、ポルトガル王家断絶を機に併合を行いました。

image05の続き4行/レパントの海戦~太陽の沈まぬ国、まで

lecturer_avatar

広大な領土を有したスペインは「 太陽の沈まぬ国 」と呼ばれました。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ大陸。世界各地に領土を持つため、スペイン領からは一日中太陽を見ることができたといわれています。

スペイン絶対王政の終焉/勢いは長くは続かず…

lecturer_avatar

ここまでスペイン絶対王政の様子を紹介してきました。しかし冒頭でもお伝えしたように、スペインが絶対王政を完成させたのは「たまたま」でした。 アメリカ大陸からの銀王家の血筋 など、偶然の要素がたまたまスペインを助けてくれただけなのです。

lecturer_avatar

1588年、「 無敵艦隊 」( アルマダ )と呼ばれたスペイン艦隊がイギリスに敗北しました。さらに、財源であったアメリカ大陸の銀の埋蔵量が底をつき、財政も悪化し始めました。こうしてスペイン絶対王政は終わりを迎えることとなったのです。

image06の続き1行/無敵艦隊~

lecturer_avatar

このように、スペイン絶対王政は偶然の要素が重なって成立していました。その幸運に頼るあまり、国内の産業や経済をきちんと育てなかったことが、スペインの失敗と言えるかもしれません。スペイン絶対王政が完成し、終わりを迎えるまでの流れ、しっかり覚えておきましょう。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

スペインは「たまたま」絶対王政を完成できた!?
14
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      主権国家体制と西欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B