高校生物基礎
高校生物基礎
5分でわかる!細胞の歴史

5
Movie size

5分でわかる!細胞の歴史

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

細胞の歴史

高校 生物基礎 細胞1 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

地球上に 生命 がどうやって誕生したのか、つまり 細胞 がどうやって誕生したのかを確認していきましょう。

地球の誕生~生命の誕生

lecturer_avatar

生命誕生の舞台は地球ですね。地球はいったいいつ、どうやって誕生したのでしょうか。

lecturer_avatar

地球 は、複数の隕石が衝突を繰りかえして 約46億年前に誕生 したとされています。誕生したばかりの地球では生命の元となる有機物が全くありませんでした。

lecturer_avatar

この状態から雷や海底火山の活動などにより約8億年かけて有機物が蓄積され、今から 約38億年前に生命が海中で誕生 したとされます。

lecturer_avatar

約38億年前に誕生した最初の生命は、いったいどんな姿だったのでしょうか?

lecturer_avatar

もちろん誰も目にしたことはありません。ただ、いま現存している生物から想定されるのは、最初の生命はいきなり複数の細胞が集まって誕生したとは考えられていません。おそらく、ひとつの細胞によってできた生物、つまり 単細胞生物 であったと考えられています。

高校 生物基礎 細胞1 ポイント2 カッコを埋めて上から3行目まで

光合成ができる細菌の誕生

lecturer_avatar

単細胞生物は、海中の有機物を使って生命活動をしていました。しかし、地球上に単細胞生物が増えてくると、海中での有機物がどんどん不足していきます。

lecturer_avatar

この有機物の不足はどのように解決されたのでしょうか。

lecturer_avatar

今から 約30億年前 のことです。長らく地球を覆っていた厚い雲が、約30億年前には減少し、太陽光が地表に届くようになりました。これにより、光のエネルギーを利用して有機物をつくる生物、つまり 光合成ができる細菌が誕生 したのです。

高校 生物基礎 細胞1 ポイント2 カッコを埋めて上から6行目まで

lecturer_avatar

水を使って光合成をおこなう シアノバクテリア という細菌によって、 酸素が地球上に存在 するようになりました。

多細胞生物の誕生

lecturer_avatar

光合成を行う生物の誕生により、地球上には酸素が増えていきました。すると、発生した 酸素を利用する生物が約20億年前に出現 したのです。

lecturer_avatar

酸素は、生物にとって非常に重要です。細胞は、酸素を使うことで、効率よくエネルギーを取り出せるようになり、より多くの機能を獲得するようになっていきます。

lecturer_avatar

そして 約10億年前 には 複数の細胞で役割を分担して、ひとつの生物として生きる多細胞生物が出現 しました。

高校 生物基礎 細胞1 ポイント2 すべてうめる

lecturer_avatar

多細胞生物がさらに長い年月をかけて進化を続けた結果、いま現在のように、地球上に多種多様な生物が暮らすようになったのです。

Hoshino
この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

細胞の歴史
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。