高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!細胞群体

16
Movie size

5分でわかる!細胞群体

16

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

細胞群体

高校 生物基礎 細胞5 ポイント1

これでわかる!
ポイントの解説授業

多細胞生物になる前段階の「細胞群体」

lecturer_avatar

単細胞生物は、生きるために必要な構造が1つの細胞にすべて備わっていましたね。
彼らは約38億年前の誕生から長い年月をかけて進化していき、約10億年前には複数の細胞が集まって構成される多細胞生物が誕生するのでした。

lecturer_avatar

しかし、単細胞生物から多細胞生物への進化は、いきなりパッと起きたわけではありません。 単細胞が徐々に徐々により集まっていき、多細胞になる前段階のようなものを経て、多細胞生物へと進化を遂げた と考えられています。その多細胞生物になる前段階のものは 細胞群体 と呼ばれます。

「細胞群体」は単純に集まっているだけ

lecturer_avatar

細胞群体の例を確認してみましょう。

高校 生物基礎 細胞5 ポイント1 カッコ埋める、囲みのポイントはなし
lecturer_avatar

上の図は今も生きている 細胞群体の一つであるボルボックス の図です。

lecturer_avatar

図からもわかる通り、ボルボックスは複数の細胞が集まって1つの個体を形成しています。しかし、ボルボックスは多細胞生物ではありません。 集団を形成していますが、1つ1つの細胞に明確な働きがない からです。

lecturer_avatar

例えばヒトであれば指の細胞・目の細胞のように同じ細胞でも明確に働きが違います。細胞群体にはそのような明確な働きの分担が存在しません。 単純に集まっているだけ とも言えます。

lecturer_avatar

細胞群体には、 1つの細胞を分離しても生きることができる という重要な特徴があります。

高校 生物基礎 細胞5 ポイント1
lecturer_avatar

ボルボックスの他に代表的な細胞群体としてもう一つ ユードリナ というものがあります。合わせて覚えるようにしましょう。

Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

細胞群体
16
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      細胞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          細胞の構造

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎