高校化学

高校化学
5分で解ける!合成樹脂Ⅱに関する問題

2

5分で解ける!合成樹脂Ⅱに関する問題

2
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 6章 3節 42 3 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

高校 化学 6章 3節 42 3 答えなし

lecturer_avatar

今回は加熱によって硬化する樹脂である熱硬化性樹脂について学習しました。
では、問題に取り組んで復習しましょう。

熱可塑性樹脂は鎖状構造、熱硬化性樹脂は立体網目状構造

lecturer_avatar

(1)です。
熱硬化性樹脂熱可塑性樹脂では、高分子が作る構造が異なっているのでしたね。
熱硬化性樹脂では立体網目状構造熱可塑性樹脂では鎖状構造となるのでした。
よって、答えは、となります。

フェノール+ホルムアルデヒド⇒フェノール樹脂

lecturer_avatar

(2)は、フェノール樹脂の材料に関する問題です。
フェノールと反応させる物質は、次のうちのどれでしょうか?
 ア ホルムアルデヒド
 イ アセトアルデヒド
 ウ 酢酸ビニル
 エ エチレングリコール
このフェノール樹脂を作るには、フェノールホルムアルデヒドを反応させるのでしたね。
なお、分子式で表すと、ホルムアルデヒドはHCHO,アセトアルデヒドはCH3CHOでしたね。
よって、答えは、となります。

高校 化学 6章 3節 42 3 答えあり
オンラインLIVE夏期講習
合成樹脂Ⅱ
2
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

高分子化合物

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      合成高分子化合物

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校化学