高校化学

高校化学
5分で解ける!合成樹脂Ⅰに関する問題

2

5分で解ける!合成樹脂Ⅰに関する問題

2
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 化学 6章 3節 41 3 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

高校 化学 6章 3節 41 3 答えなし

熱可塑性樹脂は、加熱によって軟化し、冷却によって硬化

lecturer_avatar

(1)です。
今回は加熱すると軟らかくなり、冷却すると硬化する性質を持つ合成樹脂について学習しました。
このような合成樹脂のことを、熱可塑性樹脂というのでしたね。

ベンゼン環を含むポリスチレン(PS)、塩素を含むポリ塩化ビニル(PVC)

lecturer_avatar

(2)です。
ポリスチレンベンゼン環をもつ高分子化合物でしたね。
よって、答えは、です。

lecturer_avatar

ポリ塩化ビニルは、塩素を含む高分子化合物でした。
よって、答えは、です。

高校 化学 6章 3節 41 3 答えあり
オンラインLIVE夏期講習
合成樹脂Ⅰ
2
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

高分子化合物

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      合成高分子化合物

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校化学