高校物理

高校物理
5分でわかる!円運動する物体にはたらく力

7
Movie size

5分でわかる!円運動する物体にはたらく力

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

円運動する物体にはたらく力

高校物理 運動と力72 ポイント1 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、等速円運動のときに物体にはたらく 向心力 を学習していきましょう。等速円運動では、加速度が円の中心向きにはたらくことを学びましたね。物体に加速度があるということは、力もはたらくことになります。

力の方向は加速度の方向と同じ

lecturer_avatar

下図のように、半径r[m]の円周上を角速度ω[rad/s]で回る質量m[kg]の物体を例にして考えてみましょう。

高校物理 運動と力72 ポイント1 図

lecturer_avatar

このとき円運動する物体にはたらく力は一体いくらになるでしょうか。はたらく力を大きさFで表し、方向を持ったFベクトルとします。力Fベクトルを求めるためには 運動方程式Fベクトル=maベクトル を利用すれば良いですね。

lecturer_avatar

運動方程式Fベクトル=maベクトル
から、 力の方向は加速度の方向と一致している ことがわかります。つまり、円運動する物体には、 円の中心に向かう力 がはたらいているのです。この円の中心に向かう力のことを、 向心力 と言います。

向心力F =mrω2

lecturer_avatar

向心力の大きさFは、運動方程式より、
F=ma
と表せます。この加速度aは、半径rと角速度ωを使って表すことができますね。半径rにωを2回掛け算したものが加速度になるので、
F=mrω2
と式変形できます。

高校物理 運動と力72 ポイント1 全部 空欄埋める

lecturer_avatar

つまり、向心力の方向は 円の中心向き であり、大きさは質量と半径と角速度を用いて mrω2 で表すことができます。 向心力の大きさは運動方程式を使えばいつでも導き出せる ので、導出方法を身につけることを意識してください。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

円運動する物体にはたらく力
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。